2024年2月29日(木) 本日の営業時間 12:00 - 19:00 【展示室A&B】 ザ・ホーンテッド・コレクション

'23/3/16 〜 4/9The Essentials of KINBAKU ART−戦後日本の責め絵展−

The Essentials of
KINBAKU ART
−戦後日本の責め絵展−

2023 3/16(木) ~ 4/9(日)

展示室AB
営業時間:平日12:00〜19:00、
土日祝日最終日:12:00〜17:00

オンラインチケット 当日券
800 1000*

*オンラインチケットの空きがある場合のみ販売いたします

*一部展示作品には性的表現を含む刺激の強い作品が含まれています。
ご了承のうえご入場いただきますようお願い申し上げます。
なお、18歳未満の方はご入場いただけません。

第二次世界大戦後、その長い禁欲の呪縛から解かれた人々は、娯楽と自由を手軽な<読物>に求め、百花繚乱たる雑誌が世に送り出されました。
その夥しい雑誌群の中には、身体を縄で拘束する<緊縛>に性的興奮をおぼえる人々に向けた禁断のマニア誌も含まれ、官能美的なフェティッシュな関心を昂める内容で、その後の日本のSM文化の形成に重要な役割を担いました。
1940年代後半から60年代にかけて幾度にわたって発禁の危機が訪れましたが、その都度、出版人が創意工夫を重ね時代を乗り越えたこれらの雑誌は、コンテンツを変容させながら斯界により影響を与えて、70~80年代にかけて訪れた<SMブーム>を漸増し牽引しました。
さらに近年になって映画や漫画などの影響や、ネットの台頭で情報の入手手段が多様化したことで、緊縛は日本独自の審美性と技巧的な深みを研鑽して、特異な精神文化として国内外で認知されつつあります。

緊縛の表現における視覚の役割は高く、特に前述した先駆的な雑誌においてその圧倒的なイメージで読者を快楽へと誘ったのは、絵師たちが描く挿画でした。
本展覧会では、戦後の黎明期から現代にかけて雑誌の第一線で縦横無尽に活躍した作家を9名紹介します。
SM雑誌の礎を築いたマルチな作家、多彩なイマジネーションでエロスを象った絵師、大胆なヴィジョンを打ち出した画家、緊縛描写だけに止まらず苛烈な責め描写に発展させたアーティストなど、表現方法や発表媒体は異なれど、彼らは各々の美意識が凝縮された膨大な作品を生み出しました。
緊縛画さらには峻烈な責め絵の系譜を振り返りながら、稀有な表現者たちの美の軌跡を辿ります。

参加作家(順不同)

  • 美濃村晃 Kou Minomura
  • 沖渉二 Shoji Oki
  • 秋吉巒 Ran Akiyoshi
  • 椋陽児 Yoji Muku
  • 小妻容子 Yoko Ozuma
  • 空山基 Hajime Sorayama
  • 鏡堂みやび Miyabi Kyodo
  • 田亀源五郎 Gengoroh Tagame
  • 沙村広明 Hiroaki Samura

●展覧会を記念した画集がエディシオン・トレヴィル社より刊行予定です。こちらの書籍は4月中旬より全国書店、ウェブショップ、ヴァニラ画廊他で販売開始いたします。
寄稿/田中雅一・奈加あきら・相馬俊樹

美濃村晃
沖渉二
秋吉巒
椋陽児
小妻容子
空山基
鏡堂みやび
田亀源五郎
沙村広明

After the World War II, people sought entertainment and freedom in magazines, and a great many magazines came out.
Mania magazines were one of them. They raised people’s sexual and even aesthetic interests in <Kinbaku>, which involves binding the body with ropes, and played an important role in forming Japanese SM culture.
From late 1940s to 1960s, these magazines faced a danger of being banned several times.
However, they overcame those hardships by exercising ingenuity and originality and, while altering their content, gradually increased their influence, leading the SM boom in 1970s to 1980s.

Furthermore, due to the impacts of movies and manga and more diverse methods of obtaining information with the rise of the Internet, Kinbaku became more recognized as Japanese original aesthetic and artful representation and spirit, both domestically and internationally.
The visual role in Kinbaku expression is significant, and what invited readers of the aforementioned magazines to the pleasure of fertility images were insert illustrations drawn by “eshi” (master artists).

This exhibition presents nine artists who actively worked with publications, mainly magazines, and expanded the readers’ mind from post-WWII to modern day.
Those who laid the foundation for SM magazines, those who incarnated eros with their diverse imaginations, those who brought their bold fantasies out to the world, and those who not only presented Kinbaku depictions, but developed them into depictions of hard torture. Despite varied means of expression and publishing media, each one of them created an enormous amount of works in which their senses of beauty were condensed.
This exhibition follows the tracks of beauty created by these phenomenal artists while looking back on the history of Kinbaku paintings/illustrations and harsh torture pictures.