'16/5/25 〜 6/7KCN個展「帝国の曙」

新画廊 展示室 A / 入場料500円(展示室AB共通)
KCN KCN個展「帝国の曙」

2016年5月25日(水)~6月7日(火)
入場料:500円(展示室AB共通)・ヴァニラ画廊展示室A 

日本の小説や漫画、ゲームなどの文化に触れながら育った台湾人イラストレーター・KCNは不思議な既視感が横溢し、幻想が顕在化する社会を描き出します。

時間軸を問わない幻想的な光景がまじりあい呼応しあうその表現は、ペンネームである’KCN’つまり青酸カリのような強烈なインパクトを含みながら、私たちにレトロスペクティブな感情を掻き立て、旧懐の情を抱かせます。

日本で初個展となる本展覧会では、蒸気の原動力を頼りに文明が発達した社会があったと仮定するスチームパンクの世界観を、昭和初期の台湾日治時代とすべての物質を構成する元素の二つのテーマを基にKCN流に具現化します。

アジアで最もパワフルなポップカルチャー生産国・台湾発、いわば逆輸入ともいえるドメスティックノスタルジアを紡ぐ大実験の結末を目撃することとなるでしょう。

→KCN画集「帝国の曙」ご購入はこちら

KCN個展「帝国の曙」

KCNプロフィール

多元文化が織り交じる台湾に生まれ育つ。漫画、イラスト、美術デザインと幅広く手掛け、情熱的に独学で幼少時より制作を行う。

KCNは科学元素を引き合いに出しながら、多文化社会の中で受けた直感的なフィーリングとその社会が孕む暗黒面を強調した世界観を創作する。

座右の銘は「死ぬまで創作を続ける」である。

【同時開催】「日本」ならではの気鋭のクリエイター達が大集結!スチームガーデンpresents「蒸気技師魂」