2022年8月15日(月) 本日の営業時間 12:00 - 19:00 【展示室A&B】 おげれつたなか8周年記念&『ヤリチン☆ビッチ部』10周年記念特別展 Coffret-コフレ-

'22/5/24 〜 6/1スズキエイミ個展「New L'art pour l'art」

スズキエイミ個展「New L'art pour l'art」

2022年5 月24 日(火)~ 6月1日(水) 会期中無休

営業時間:平日12:00〜19:00、土日祝日最終日:12:00〜17:00

入場料

オンラインチケット 当日券
800 1000*

感染症の感染拡大を防ぐため、 ご入場はオンラインによる事前予約(日時指定券)制となります。
*事前予約の予定枚数に空きがある場合のみ、当日券(1,000円)を販売いたします。

この度、ヴァニラ画廊にてスズキエイミ個展「New L'art pour l'art」を開催します。
L'art pour l'art(ラール プール ラール)とは、19世紀ロマン派の中心命題の一つであり、「 芸術のための芸術」「芸術至上主義」のこと。
芸術は社会性、倫理その他何ものにも縛られず、 それ自身のために存在するという思想です。
本個展ではスズキエイミ自身の解釈を取り入れた 新L'art pour l'artを提唱します。
ここで指す芸術のための芸術とは古典絵画へのリスペクトを前提と し、それらを用いて描いた新たな芸術作品は、 芸術のために制作されたということです。
すなわち、 これまでの古典絵画へのリスペクトを内包しながら新たな技法を織り交ぜ、「芸術のための芸術」と向き合ったことを表現します。
新たな試みとして作品自体に刺繍を施したミクストメディアに、 アンティークの額を用いた一点物の新作が並びます。

また、新画集も会場にて販売予定です。

スズキエイミの、新たなL'art pour l'artの世界を是非ご堪能ください。

新刊

書影
Anatomie de l'Art Insolite d’Eimi Suzuki
悍ましくも美しきものの解剖学 
スズキエイミ作品集

絵画とコラージュの狭間で新たな美を追求する現代美術家、スズキエイミ待望の3冊目の作品集!
生や偏見、祈りをテーマに、古典美術を現代に落とし込んだ平面作品を制作する他、手掛けてきたアパレルコラボ作品、金工作品やオブジェなども収録!新作も収録!

定価 3960円(税込)
サイズ B5変形上製/ページ数 96/エッセイ 高山 宏/エディシオン・トレヴィル刊

購入する

スズキエイミ - Eimi Suzuki

絵画とコラージュの狭間で新たな美を追求する現代美術家。
生や偏見、祈りをテーマに、古典美術を現代に落とし込んだ平面作品を制作する他、金工作品やオブジェなども手掛ける。
毎年国内外で開催する展示活動を精力的に行いながら、アートディレクションやファッションブランドとのコラボレーションの他、CDジャケットや装丁の描き下ろしなどその活動は多岐に渡る。
2022年夏 ジュエリーブランド「eimiess」を始動。

主な展示

2021

個展 Les enfants du Paradis / 清アートスペース
個展 Eimi Suzuki 台灣首個展 / Art Space 金魚空間, 台北, 台湾
Art Fair Tokyo 2021 / 東京国際フォーラム
ONE ART TAIPEI / 台北西華飯店, 台北, 台湾

2020

個展 Atelier de couture du coeur / Sibora, 神戸
Art Fair Philippines / The Link Ayala Center Makati, マニラ, フィリピン
Art Future / 神旺大飯店, 台北, 台湾
UNDEFINED未定義 / 清アートスペース
Paradise Lost ~楽園の喪失~ / ヴァニラ画廊

2019

個展 Eimi's anARTomy 102 / ヴァニラ画廊
Festival d'Art Sacré deSenlis / 聖ピエール教会, フランス

画集

2019 Eimi's anARTomy 102 / ATELIER THIRD, 日本
2018 Eimi's anARTomy 101 / TIMELESS, フランス

I’m pleased to announce “New L'art pour l'art," a solo exhibition by Eimi Suzuki at Vanilla Gallery.
"L'art pour l'art" is one of the central propositions of the 19th century Romanticism movement, "Art for Art's sake" or "Art supremacy." Taken from the French, the term "l'art pour l'art," Art for Art's Sake expresses the idea that art has an inherent value independent of its subject-matter, or of any social, political, or ethical significance.

In this exhibition, I propose a new L'art pour l'art, which incorporates my own interpretation of the phrase. Art for art's sake is based on the premise of respect for classical paintings, and that new works of art painted with that premise, were created for art's sake. In other words, it expresses the fact that the artist has faced "art for art's sake" by interweaving new techniques, while simultaneously incorporating respect for the classical paintings of the past. As a new attempt, I have embroidered mixed media on the works themselves, and new one-of-a-kind works using antique frames will be on exhibit.

I hope you enjoy the new world of L'art pour l'art by Eimi Suzuki.

Eimi Suzuki

Contemporary Artist / Jewelry Designer
She creates two-dimensional works on the themes of life, prejudice, and prayer, and incorporates classical art into her contemporary collages and paintings. She also does metal work and Objet’d art.
In addition to holding exhibitions in Japan and abroad every year, she also works in art direction, collaborates with apparel brands, as well as designing CD and book cover art.
She will launch her own jewelry brand "eimiess" in the Summer of 2022.