'20/10/15 〜 10/26「幽霊画廊Ⅴ~幽冥ノ境」

新画廊 展示室 A / 入場料500円(展示室AB共通)※会期中無休

「幽霊画廊Ⅴ~幽冥ノ境」

2020年10月15日(木)~10月26日(月)

平日(月~金)12:00~19:00、土・日・祝・最終日12:00~17:00(会期中無休)
入場料 展示室AB共通500円
※事前にチケットをご購入のうえご来場ください

この世から肉体が朽ちてしまったとき、人の魂はどこに行くのでしょうか。それは答えの出ない問です。
古来から現代まで人々はその問いに対して、悲しみ、恨み、嫉妬、羨望等の感情や、死後の魂の行方を幽霊という形に託し、そしてイメージしてきました。
5回目の「幽霊画廊」では、様々な幽霊をモチーフとした作品を国内外の現代作家が表現、そして二人のコレクターによる貴重な最怖コレクションを、今回特別に披露いたします。
また物故作家の美しい幽霊画も同時に展示し、そのイメージの幅広さを俯瞰します。
会期中にはオンライン配信による特別イベントも開催予定です。

神域や死後の国は遠い隔絶された別の世界ではなく、現世に寄り添うように神々も霊魂も住まうと柳田國男は残しています。   その寄り添った世界が、私たちが思うよりも、もっともっとすぐ近くにあるとしたら。

5回目にして、最も恐ろしい幽霊画廊へ是非足をお運びください。

出展作家

相蘇敬介(LINK FACTORY)、川上勉、KURONO、田村幸久、所伸一、夜住アンナ、Zoe Lacchei、小妻要、小山哲生

特別出品: 折原一コレクション(岡本東子、加藤ゆわ、玉川麻衣、山科理絵)、渡辺シヴヲ怪異物コレクション

ご入場チケットのご購入はこちら

※9月20日(土)正午より、チケットを販売いたします。

コロナウィルス感染症の感染拡大を防ぎ、お客さまの健康と安全を第一に考え、混雑を避けるため、完全チケット制へと変更させていただく事となりました。ヴァニラ画廊受付でのチケット販売はございません。必ず事前にチケットをご購入いただきご来場ください。

【ご入場時のお願い】

コロナウィルス感染症の拡大を防ぐため、会場の混雑状況により入場規制をさせていただく場合がございます。
ご入場時にはマスクの着用をお願いいたします。
画廊受付にアルコール消毒液を設置いたしますので、ご入場時には手指の消毒をお願いいたします。
入場時に、体温測定(検温)のご協力をお願いいたします。
非接触タイプの体温計を用い、お客様の体温を確認させていただきます。検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りさせていただきますが、基本的にご自宅で検温いただき、37.5℃以上の発熱がある場合はご来場いただく事を避け、ご自宅にてご療養ください。
感染拡大予防の為、入場前に画廊やビルの前でお待ちいただく事はできません。時間より前に到着された場合は、時間になりましたらご来場いただきますようお願いいたします。 ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。
会期中の物販のみのご利用はお断りいたします。

特別イベント「幽霊画廊怪談夜咄 2020」

語り手:吉田悠軌 ×渡辺シヴヲ

【配信日程】 10月17日(土)19時~21時頃予定

ツイキャスにてプレミアム生配信!(後日、期間限定の録画配信も予定)
視聴チケット購入&配信ページは準備でき次第お知らせいたします。

「幽霊画廊Ⅴ~幽冥ノ境」の会場より、展示中の幽霊画とともに生配信!“怪異物蒐集家”である渡辺シヴヲ氏が所蔵する数あるコレクションの中でも“最恐”の幽霊画を実物とともにご紹介。そして、吉田悠軌氏のオカルト研究家としての知見と、その圧倒的な話術で語る迫力の実話怪談など、初タッグとなる二人の化学反応を2時間たっぷり配信いたします。また、視聴者様の質問にお答えするコーナーも企画しております!ライブ配信ならではの参加型コンテンツも盛りだくさん。ぜひお楽しみに。

吉田悠軌

吉田悠軌プロフィール

怪談サークルとうもろこしの会・会長。怪談の収集・ 語りとオカルト全般を研究。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。ポッドキャスト「 僕は怖くない」配信中。
晶文社noteにて「異類捜索記」連載中。近著に「ぼくらの都市伝説」シリーズ(教育画劇)、「怪の残響」(竹書房)など。

渡辺シヴヲ

渡辺シヴヲプロフィール

舞台を中心に役者としての活動のかたわら、幽霊画などの奇々怪々な「モノ」を数多く収集する“怪異物蒐集家”。
本・TV・映画等、怪談や不思議な話を追いかけるうちに元来の収集癖と結びつき、現在に至る。
「怪談百物語新耳袋」公式携帯サイトにて、コラム『渡辺シヴヲの百mono語』連載中。