伊藤啓恵展「親指幻想」インタビュー

DSC_0689.jpg

白い何かの集合体が、渦を巻くようにレリーフの中に納まっている。
なんとそれは全て親指!

親指をモチーフに制作を続ける伊藤啓恵さんに、制作に付いてお聞きいたしました。

 

VA:伊藤さんの作品制作歴に付いて、教えて頂けますか?

I(伊藤):2004年より親指をテーマに制作しています。
初めは親指の絵を描いていたのですが、粘土などを手でこねる作業が楽しくなり、2008年ぐらいから立体作品を作るようになりました。

VA:(いつも聞かれていると思いますが...)なぜ、親指にこだわり制作されているのでしょうか。

I:私は、愛を親指という形で表現しています。きっかけは、何を描いたらいいのか悩んでいたとき、当時習っていた尊敬するピアノの先生の一言でした。大切な人の一部をパッチワークのようにいっぱい繋げたら面白いかも、そこには愛があるからスゴイ物が出来そうよと。

VA:伊藤さんの中で、「愛」をテーマに作品制作を行い、その形として「好きな人の親指」をモチーフにしているのですね。

I:目でも耳でもなく、指にしようと思いました。指は指でも他の形とは異なる親指を!親指は、1本だけ横についており、私にはちょっと変な形をしているように思います。物をつかんだり、筆で絵を描いたり、かなり重要なポジション。すごく必要な部位。それをテーマにしたら面白いと思い始めました。そんな親指を、たくさん作り作品にし、愛を感じようとしています。

VA:作品の中で、親指が痛めつけられている表現もありますが、なるほどあまり「痛み」を感じないのは、愛おしくて仕方がないといった意味合いでの加虐性を感じるからかもしれません。
ちなみにこの親指は誰かの親指の型どりなのでしょうか。

I:"大切な人" の型どりです。

VA:今回の新作も親指が所狭しと画廊内に並びますね。今回の個展の見所を教えて下さい。

I:最近は、背景にカラーの円をランダムに広げていく感じのものを作っています。円を描いているとなぜか心が落ち着き、無の状態になり、瞑想をしているような心地良い気持ちでずっと円を描いていたくなるのです。円と親指を織り交ぜて、宇宙空間のようなものを表現できたらと思っております。いつも見慣れている親指を、この大量の親指で現実を離れ、異空間の幻想の世界を感じていただけたらうれしいです。

 

愛するものの断片を並べて蒐集したいという、人の心の奥底の願望を炙り出すような、衝撃的な作品の数々。
一見グロテスクで猟奇的とも見えるが、ずらりと並んだ親指を眺めていると、「強迫観念」や「執着」といった感情よりも溢れるような「愛情」を強く感じます。

伊藤啓恵展「親指幻想」は5月19日(月)〜5月31日(土)まで、是非足をお運び下さい。
http://www.vanilla-gallery.com/archives/2014/20140519a.html

 


 

愛を親指という形で表現しています。
その親指を自分だけのものにしたいという思いで、たくさんの親指を作品にしています。
そして、自分の作品を繰り返し触れ、見つめる時、親指のあなたを感じることができるのです。

伊藤啓恵

静岡県浜松市出身
2000年より、はままつ美術研究所にて学び、2004年親指をテーマに制作。

2009 「第1回アートルネッサンスin浜松」出展
(浜松市・UNDERGROUND hair salon)
2009 個展 「Big finger」
(浜松市・passeretti café)
2010 「第2回アートルネッサンスin浜松」出展
(浜松市・UNDERGROUND hair salon)
2010 「第3回HAMAビエンナーレ」出展
(浜松市・クリエート浜松)
2011 「第3回アートルネッサンスin浜松」出展
(浜松市・ビオラ田町)
2012 個展 「SWEET FINGER」
(浜松市・passeretti café)
2012 個展 「収集」
(豊橋市・アートエイジギャラリー)
2012 「第4回アートルネッサンスin浜松」出展
(浜松市・鴨江アートセンター)
2012 「第4回HAMAビエンナーレ」出展
(浜松市・クリエート浜松)
2013 「ヴァニラ画廊公募展」出展
(東京銀座・ヴァニラ画廊)
2013 「第5回アートルネッサンスin浜松」出展
(浜松市・鴨江アートセンター)

2014年4月20日。日曜日の東京・蒲田の商店街は人が賑わい、老若男女がのほほんと行き交う平穏な日常。この平和な町の、とある銭湯の宴会場が突如黒幕に覆われた。中では紳士淑女による大宴会場が催されるという。
会場内に踏み入れると、中は天然温泉で火照った身体と、これから始まることへの高揚感がひしめき、妙な湿気に満ちている。
色とりどりの和服を纏った女性たちが現れ、次から次へと料理とドリンクの給仕に勤しむ。

これから何が起きるのか。ますます期待は高まっていく。

20140425185104.jpg


サディスティックサーカスではすっかりお馴染み、活弁士の山田広野の乾杯の音頭を皮切りに、ハタチ未満禁制、ちょっと危ない宴会の幕が落とされた。

本格SMマジシャン西ゆかり、戦後のストリップを彷彿とさせるrima from paradise。艶めかしい男女のアレコレをあでやかに語る古今亭菊之丞の落語。純粋で、欲情的なBBG48(分倍河原48)の歌や踊りに、タンゴとバラードにのせ情緒的に繰り広げられる早乙女宏美の切腹ショー。

各演目についてレポートを書きたいところだが、おっと、これは宴会にご参加いただいた80名とのひめごとのままにしておこう。

温泉、料理、アルコールで程よくリラックスした身体に、心満たされる見世物。

以前、とある山陰地方の温泉街の小さなストリップ小屋を訪れたときの記憶が蘇った。街の通りにはスナックが軒を連ね、ソープランドもひっそりと、華やかに営業している。街はありとあらゆるインワイの匂いと湿度に満ちている大人のための非日常空間。コドモは見てはいけない、大人のための特別な場所として輝き続けていた。
そんなストリップ小屋も、今では町の中高生が使えるミニ劇場となっているらしい。経営がうまくいかなかったのだろうか、それとも踊り子さんが踊れなくなってしまったのだろうか。どちらにせよ、公民館に毛が生えたような施設になってしまったとは、健全でちんけな世の中に毒づきたくなる。


こんな時勢だからこそ、一風変わった、幻の非日常をサディスティックサーカスは映しだしているのではないだろうか。

身も心もトロトロにリラックスし春の大演芸会も終盤に差し掛かったとき、司会の山田広野の口から重大な発表がなされた。

【サディスティックサーカス2014 9月13日、14日怒涛の2DAYS興行開催決定】

20140425185353.jpg

春の宴会とは180度趣を変えた、本格的で上質なエンターテイメントフェティッシュイベント「サディスティクサーカス」。国内外津々浦々のパフォーマーが新宿に集結。あっと息も出来ぬ、心も身体も興奮と感動の魔法にかけられてしまう。
サディスティックサーカスは「巨大な見せ物小屋」を軸に据え、2002年より年に一度一夜限りの夢を繰り広げてきた。今年は初となるニ夜連続公演である。

果たして今年は想像を超えるどんなミラクルなスペクタクルが起きるのだろうか。ちなみにこちらのイベント、お子さまと、心臓の弱い方、それに妊婦の方は入場をお控えいただくので予めご了承を。情報は随時解禁、公式HP他、SNS等お見逃しのないように!


♪サディスティックサーカスではイベントの主旨にご賛同いただけるパフォーマ-、サポーターの方々はコンタクトをお待ちしています。詳しくはサディスティクサーカスHP内メールフォームよりお問い合わせください♪

http://www.sadistic-circus.com/

 

 

Sadistic Circus 公式HP ☆ http://www.sadistic-circus.com/

Sadistic Circus 公式Twitter ☆ https://twitter.com/sadistic_circus

Sadistic Circus 公式Facebookファンページ ☆https://www.facebook.com/sc2012.9.28?fref=ts

 

「第二回ヴァニラ画廊大賞展」好評開催中!

3月17日より開催している展覧会、「ヴァニラ画廊大賞展」。ヴァニラ画廊主催の公募に応募し、審査員の目に留まった約40名の作品を発表中です。

審査員は昨年に引き続き、写真家・都築響一氏、美術評論家・宮田徹也氏、そして新たに美術評論家の南嶌宏氏が加わり、より豊かに、鑑賞者を驚愕せしめる未来への才能を厳選いたしました。

溢れんばかりの豊かな想像力と表現力を兼ね備えた作品が集まる中、大賞に輝いたのは波磨茜也香さんの「女学生」です。

20140325130910.jpg

 「女学生」(162×130㎝・キャンバス・油彩・クレヨン)

「塗り残しの画面を放置するかの素振りを見せながら、「女子高生」のメタフォリカルな性器と見立てるかのような、「口」という交 換行為の器官への注視を促すことによって、画面全体に抜き差しならない性的な緊張感を生み出すことに成功している。」(南嶌宏)

「粗暴さがポジティブなエネルギーに転化する、スリリングな瞬間に僕らは立ち会わされている」(都築響一)

「充分な画力を持ち、空虚感が満ち溢れる今日の日本の動向に対して目を向け作品として昇華させる力に、これからもエールを送りたい。」(宮田徹也)

と各審査員を唸らせた彼女に、受賞の喜びを語っていただ」きました。

__________★__________

この度は「第二回ヴァニラ画廊大賞」にて「女学生」を大賞に選んで頂き有り難う御座います。

初めての100号、初めての公募への挑戦、初めての受賞、、、etc、この「女学生」という作品には様々な「初めて」が込められています。

その「初めて」をヴァニラ画廊さんに捧げられるなんて、大変光栄です。

 とんでもないパワーを日常生活にてさらりと放ち、何食わぬ顔でスタスタと各々の目的地へ向かう彼女達の一瞬を描きました。

 今日も元気に登下校する女学生達を遠目に見ながら、波磨も元気に生きていこうと思います。(波磨茜也香)

 __________★__________

「第二回ヴァニラ画廊大賞」展は29日(土)まで。

100号という大きなスケールの第二回ヴァニラ画廊大賞大賞作品「女学生」を始め、各賞受賞作品等の発表を行っています。

月曜日~木曜日は12:00~19:00、金曜日は12:00~20:00、最終日29日土曜日は12:00~17:00までの営業です。

入場無料、フレッシュな感動にぜひお立合いください。

__________★__________

♡第二回ヴァニラ画廊大賞展選評はコチラ

♡第二回ヴァニラ画廊大賞展展覧会特設ページはコチラ

 

 

前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11