'11/5/2 ~ 5/14 『邪神宮』~邪~The Evil

「邪神宮」特別入札作品 山下昇平 立体作品「クトゥルー」のご案内はこちらから

■参加作家をお迎えしての特別トークイベント
~クトゥルー神話の夕べ~
5月3日(火・祝)17時開場 入場料金2,000円(1D付)
司会:東雅夫
ゲスト:岩井志麻子・天野行雄・黒史郎・他ゲスト有

◆今イベントは先着順のご案内となります。予約制ではございませんので、会場外にお並び頂いた順にご案内となります。(定員45名)
イベント開場時間は17時となります。(3日の通常営業はイベント設営の為、12:00~16:30までとなっております。)
※ご案内人数に限りがございます。早めのご来場をお勧め致しますが、定員に達した場合や、イベントが始まってからはご入場頂けない場合がございますので、予めご了承ください。

「クトゥルー神話」それは1920年代に怪奇作家であるH・P・ラヴクラフトによって誕生した創作神話体系です。人知を超えた宇宙的恐怖や狂気を描きだす世界観は、シェアワールドものの先駆として多くの作家達に書き継がれ、幅広く愛されております。

様々なアーティスト達を魅了してやまないこの神話をモチーフに、現代日本のアートと文芸の第一線で活躍する作家達が集い、その人知を超えた宇宙的恐怖や狂気に彩られた世界観が、GWに幻の都市のごとくヴァニラ画廊に出現いたします。

「クトゥルー神話」をテーマに絵画・造形・小説作品を競作するという、史上初にして世界初となる一大コラボレーション!

異界からの触手の魅力に囚われた作家たちの織りなす作品群と、それを内包するヴァニラ画廊の空間、どうぞ心してご来場ください。

出展作家

天野行雄・荒井良・伊藤潤二・井上雅彦・小岐須雅之・京極夏彦・児嶋都・SONIC・高橋葉介・フランソワ・アモレッティ・三浦悦子・森馨・山下昇平(敬称略・50音順)

(キュレーション:児嶋都 会場空間アートディレクター:山下昇平)

本展覧会の公式図録として、『邪神宮』(学研パブリッシング刊)は4月21日発売予定!
監修=児嶋都  解説=東雅夫・朝宮運河 A5判 160ページ 予価1900円+税
書き下ろし神話小説8編を含む、全38展示作品をフルカラーで掲載
(小説……岩井志麻子、平山夢明、嶽本野ばら、円城塔、飴村行、真藤順丈、黒史郎、松村進吉)

邪神宮