'08/6/2 ~ 6/14 宮西計三展 「ad hominem −あたらしい人−」

どれほど多くのものを失ったにしても、私は本気で今もなお自分の人生をやりなおすつもりだ…
F・M・ドフトエフスキー

◆Onna LIVE 6月21日(土)
入場17:00・開演17:30〜19:00
入場料2,000円(1ドリンク付)

宮西計三 Keizo Miyanishi / プロフィール

1956年 大阪に生まれ奈良に育つ。
1970年 上京。真崎 守の弟子となる。
1973年 徳間書店劇画大賞佳作第一席にてデビュー。以後イラスト、挿絵を手掛け、三流劇画ブームの一翼を担う。「ガロ」でもなく「メジャー」誌でもない独自のスタイルで作品を発表しつづけ、代表作には「ピッピュ」(ブロンズ社刊)、「エステル」「Maila」(供にペヨトル工房)「バルザムとエーテル」(河出書房新社)などがある。

アーティストページへ

(音楽活動)
1983年 シングルレコード「Onna」自主cupid&psyche をリリース。
2001年 ライブを集めた二枚組CD「Eros・Onnaの世界」BLAST。
2007年 「Barae 人形譚サウンドテクスト」自主。同年、Onna ファーストアルバム「片羽(KATAWA)」P ・S・Fより発売。
現在、生涯のパートナーである舞踏家、薔薇絵との舞台と共に自らのバンドOnnaの活動を再開している。

ad hominem −あたらしい人−