2013年5月アーカイブ

'13/6/3 〜 6/15  クロダミサト写真展「沙和子 無償の愛」 ※新画廊での展示になります

20130529163400.jpg

人は愛が欲しいから、誰かを愛する気持ちが生まれる。
はたしてこの世に、本当の意味での『無償の愛』
などという美しいものが存在するのだろうか。

写真集「沙和子 無償の愛」
3,990円
青幻舎

ヴァニラ画廊にて先行発売決定‼
6月3日(月)〜会場にて販売を致します。

クロダミサトプロフィール

1986年 三重県生まれ
2009年 写真新世紀グランプリ受賞(蜷川実花選抜)
2010年 京都造形芸術大学情報デザイン学科 卒業
2012年 東京工芸大学メディアアート専攻 修了

「不幸という訳ではない。けれど決して、幸せとは言えない」
27の誕生日を迎える頃、地元の友人が呟いた言葉が私の胸に刺さった。
結婚をして子供を産んだ友人、10年近く付き合い続けた彼と同棲を始めた友人、安定した職に就き、趣味に没頭する友人。
"アラサー"と呼ばれる世代に入った彼女たちの表情は一見晴れやかに見えるが、何処かに影を潜ませていた。
この作品は、世間的に「愚かだ」といわれる恋愛に溺れている30代前後の女性をテーマに、制作を始めた。
道を外れた彼女たちの恋に明るい未来はなく、ましていつ終わるかも分からない。
それでも彼女たちは愛する事をやめない。見返りを求めず献身的なまでに男を愛すその姿に、「無償の愛」という言葉が思い浮かんだ。
けれどもその愛は真実なのだろうか。彼女たちは口では見返りなど無くていいと言う。しかし「無償の愛」を注ぎ続ける彼女たちこそが、何よりも貪欲に男からの愛を欲している。
人は愛が欲しいから、誰かを愛する気持ちが生まれる。はたしてこの世に、本当の意味での「無償の愛」などという美しいものが存在するのだろうか。
彼女たちの心は癒えることがない。彼女たちの拭い切れぬ不安や焦燥を「沙和子」という一人の女性に投影し、私はシャッターを切った。

そんな彼女たちに向かってレンズを向ける私自身も、胸に空いた埋まらない隙間を埋めるようにただ夢中に撮影を続ける。
友人が吐き出す様に呟いたあの台詞が、耳の奥で何度もこだまする。
「無償の愛」。この世にそんなものが有るのかは定かではないが、もしそれを得る事が出来たとき、彼女たちは一体どんな表情を私に見せてくれるだろう。


平日 12時̶〜19時 / 金曜日 12時̶〜20時 / 土曜日・祝日 12時̶〜17時(日曜休廊)

人は愛が欲しいから、誰かを愛する気持ちが生まれる。
はたしてこの世に、本当の意味での『無償の愛』
などという美しいものが存在するのだろうか。

写真集「沙和子 無償の愛」
3,990円
青幻舎

ヴァニラ画廊にて先行発売決定‼
6月3日(月)〜会場にて販売を致します。

クロダミサトプロフィール

1986年 三重県生まれ
2009年 写真新世紀グランプリ受賞(蜷川実花選抜)
2010年 京都造形芸術大学情報デザイン学科 卒業
2012年 東京工芸大学メディアアート専攻 修了

「不幸という訳ではない。けれど決して、幸せとは言えない」
27の誕生日を迎える頃、地元の友人が呟いた言葉が私の胸に刺さった。
結婚をして子供を産んだ友人、10年近く付き合い続けた彼と同棲を始めた友人、安定した職に就き、趣味に没頭する友人。
"アラサー"と呼ばれる世代に入った彼女たちの表情は一見晴れやかに見えるが、何処かに影を潜ませていた。
この作品は、世間的に「愚かだ」といわれる恋愛に溺れている30代前後の女性をテーマに、制作を始めた。
道を外れた彼女たちの恋に明るい未来はなく、ましていつ終わるかも分からない。
それでも彼女たちは愛する事をやめない。見返りを求めず献身的なまでに男を愛すその姿に、「無償の愛」という言葉が思い浮かんだ。
けれどもその愛は真実なのだろうか。彼女たちは口では見返りなど無くていいと言う。しかし「無償の愛」を注ぎ続ける彼女たちこそが、何よりも貪欲に男からの愛を欲している。
人は愛が欲しいから、誰かを愛する気持ちが生まれる。はたしてこの世に、本当の意味での「無償の愛」などという美しいものが存在するのだろうか。
彼女たちの心は癒えることがない。彼女たちの拭い切れぬ不安や焦燥を「沙和子」という一人の女性に投影し、私はシャッターを切った。

そんな彼女たちに向かってレンズを向ける私自身も、胸に空いた埋まらない隙間を埋めるようにただ夢中に撮影を続ける。
友人が吐き出す様に呟いたあの台詞が、耳の奥で何度もこだまする。
「無償の愛」。この世にそんなものが有るのかは定かではないが、もしそれを得る事が出来たとき、彼女たちは一体どんな表情を私に見せてくれるだろう。

■クロダミサト写真展 特別トークイベント

■6月8日(土) 17時~
入場料1500円(1D付)
スペシャルゲスト:雨宮まみ
進行:山内宏泰

 中田柾志 写真展「ブローニュの森の貴婦人たち」 '13/6/3 〜 6/15

20130528124329.jpg

フランス、パリ市の西部に位置するブローニュの森。セーヌ川に隣接し、場所によってはエッフェル塔が望める広大な森(846万平方米)。都会の喧騒から離 れた静かな空間は、昼は市民の憩いの場として、週末は散歩やジョギング等を楽しむ人達で賑わう。
2005年4月と2009年5月の2度、この地を訪れた。

4月になると冬の暗鬱な空と寒さを乗り越えた植物は、陽光下、一斉に芽吹き、鮮やかな黄緑の色合いを作り出し、生命の躍動感で溢れだす。
古来、俗界から隔離した森には、精なるものが宿るという俗信がある。
陽が傾き、新緑の葉は茜色に染まり、辺り一面静寂に包まれていくころ、この森にはどこからともなく、光沢の衣をまとい肌の露な貴婦人たちが姿を現す。
性なるものが宿る、ブローニュの森。(中田柾志)

中田柾志プロフィール

1969年 青森県弘前市生まれ
2002年 個展 NCアートギャラリー(東京都中央区京橋)
2003年 個展 NCアートギャラリー(東京都中央区京橋)
2005年 公募展 写真新世紀で『ブローニュの森』が佳作賞受賞
2012年 ヴァニラ画廊大賞 奨励賞
都築響一氏のメールマガジン【ROADSIDERS' weekly】で写真家中田柾志『ブローニュの森』が特集された。

中田柾志という写真家の存在を知ったのは、彼が2005年から2009年にかけて撮影された、ブローニュの森の娼婦たちを捉えたシリーズだった。銀座ヴァ ニラ画廊が公募した作品展で、審査員を務めることになった僕は、審査会場で中田さんの作品と出会った。いかにもヴァニラらしい(?)ビザールな絵画や人形 などの立体作品が並ぶ中で、彼のストレートで硬質なプリントはひときわ異彩を放っていたのだった。(都築響一・【ROADSIDERS' weekly】より)

ヴァニラ画廊では527()61()までの1週間、向川貴晃氏の個展を開催致します。氏の活動の中でも「ヴィジュアル系」をメインコンセプトに据えては初めての個展となります。

 

個展を開催するにあたり、向川氏と、その作品の大元となる詩を書く(向川氏の作品は、この詩よりインスパイアされ制作されたものです。)「黒鬼劉刺覇」氏に、特別インタビューを敢行いたしました!

 

 

■向川さん、本日は宜しくお願い致します。

(黒鬼劉刺覇氏はどうやら遅れているみたいで、姿が見えません。。)

 

■まずは作品に関して、お聞きしたいと思います。向川さんが、絵画を志すきっかけなどがありましたら、教えて頂けますでしょうか。

 

向川(以下向)12歳頃から独学で油絵をはじめましたが、画家にはなりたくはなかったデス。その頃には絵を描くことを仕事にするとは決めていましたが、絵画を志す決定的なきっかけはありません。自然と絵画を描くことが表現手段となっていきました。

 

12歳の時からいきなり油彩を独学でというのは、面白いですね。

向川さんの作品はシリーズそれぞれに明確なコンセプトがあり、2003年から2004年あたりの初期の作品と現在の作品まで、多岐にわたり、様々な作品を制作なさっていらっしゃいますが、2008年~2009年あたりからゴシック的、オカルト的なモチーフが登場するように感じました。元々老い等をテーマに制作をされており、それもゴシック的なモチーフではあると思うのですが、現在の「ヴィジュアル系」シリーズに通ずるようなモチーフを絵画として描こうと思ったきっかけなどはありますか?

 

向「初期の作品は、その時期にしか描けないものをただ一生懸命に描いていました。身近な人間の死について、本気で純粋に絵画に残す必要があるという義務感もあって。

自分で自ら作った束縛も終わったと同時に、これまでやってきた制作が自分の本来やりたかったことではないと感じ始めたことです。」

 

■では自らのやりたい絵画表現を突き詰めていった形が、このシリーズになるのですね。

 

向「『ヴィジュアル系』シリーズを始めたのは、複雑な事情からです。

本来やりたかったことを突き詰めて行って原点に還ったこともきっかけですが、経験的に絵画という表現や発表の形に限界を感じはじめてからです。

音楽や映画などのように複合的な感覚を刺激するものには叶わない感じといった所を実感したからではと思います。

 

絵画ではライブのように大勢の人を熱狂的に盛り上げて感動させることができない。絵画表現がそういうものだと言ってしまえばそれまでですが、おもしろくない。

 

日本には様々な絵画的なものが溢れ、世界的にみても美術館も美術愛好家も多いですが、現役画家の芸術としての社会的認知が低く危機的状況だと感じています。

 

有名な漫画家やダヴィンチ、フェルメールの展覧会には長蛇の列で並んでも、未だに絵画には閉鎖的なおかしなイメージがつきまとっているように感じます。

絵画をただ観て自由に感じてくださいと言っても、日本人にはそれが中々できないと個人的に思っています。

「黒鬼劉刺覇」氏の書く詩は、説明文的な補助の役割としての詩でもあります。

音楽には詩があって音があるのなら、絵画に詩があっても良い。

 

現役の画家には失礼ですが、ダサイ画家のイメージをぶち壊したいのと、絵画表現にも音楽表現と同じような強さで魅せることができないかというのが『ヴィジュアル系シリーズ』の試みです。

 


■なるほど、諸々の試行錯誤の末に、このシリーズが生まれたのですね。

このヴィジュアル系シリーズは向川さんが以前お描きになっていた「レンブラントシリーズ」からの発展系だというを、目にしたことがあります。

 その大元になった「レンブラントシリーズ」についてもお聞かせ頂けますか?

(向川氏は大学院博士論文にて「絵画における調子とアウラ -レンブラントと写真術の考察を通して-」を発表、学術的にレンブラントを研究していた。)

 

向「レンブラントは老人像を多く残していて、その描写に興味があったのが研究の始まりです。特に人間の皮膚の描写の仕方についてです。レンブラントの古典絵画技法は、油絵の具そのものの魅力を最大限に発揮したもので、現代の画家の絵具の扱い方とは全く違います。

具体的に言えば、単純に絵具をべた塗りするのではなく、重層的に絵具を扱って透明感を利用した視覚的に複雑な効果を生み出す描法です。

レンブラントが自分で練って作っていた絵具は、現代の市販のチューブ入り絵具と若干違うのですが、その微妙な違いが作品に大きな影響を与えます。全てではないですが、自分で練った絵具を使用し、レンブラント技法を効果的に応用しています。」

 

20130521164646.jpg


向「このヴィジュアル系シリーズにおいてはレンブラントは全く意識していません。

意識していませんが、強いて言えば物質的な絵画の魅力を活かすことや、様々なジャンルを手がけたレンブラントの探究心は勉強になっています。」

 

■今回の展覧会のメインビジュアルになっている作品はとてもインパクトのある作品ですが、宗教画のイメージをモチーフを描かれることについてもお聞きしたいと思います。

20130521221419.jpg

 

向「宗教的な題材を強く意識して描いた訳ではなく、結果的に宗教的な要素が含まれていったと思います。

ヴィジュアル系などの音楽の世界観にも宗教的な題材を扱ったものが多いので、その影響が大きいかもしれません。

 

人の痛みを扱ったものを表現したいと思っているのですが、宗教画には痛みを表現したものが多いので感覚的に作品に取り込んでいるような気もします。

この『審判』という作品については、ある有名な彫刻作品を独自の解釈で完全に作り替えたものです。」

 

■なるほど、またこの大きさ(162.0×162.0cm)も相まって、本当に凄い迫力の作品です。

 

■また、このシリーズと切っても切れない関係である音楽についてもお伺いしたいと思います。

音楽が向川さんの作品にもたらした影響はどのようなものですか?

 

向「表現の幅の広さと強さ、ファンとの関係性も含めた活動形態、自分の絵画表現の可能性に希望を与えました。」

 


■その表現活動全てを含めて、「ヴィジュアル系」シリーズなのですね。

このシリーズの作品は()をモチーフに制作なさっているとの事、向川さんは実際に音楽を嗜まれますか?

 

向「制作中はほぼ音楽を流して制作します。幼少のころはピアノを習っていましたが、スキルが低いです。音楽もやりたいのですが、ほぼ絵画制作を中心に生活しているため本気で手が付けられません。唱うのは好きで、運転中は時間が勿体ないので必ず本気で唱います。何時間でも唱えます。

 

■唱っていらっしゃる向川さんを思い浮かべてしまいました。。(

ベタな質問で申し訳ないのですが、影響を受けたアーティストはいますか?

 

向「X JAPANBUCK-TICKをはじめ90年代ヴィジュアル系。名古屋系が好きでした。考え方に関して影響を受けているのは、YOSHIKIさんです。」

 

■そうでしたか。向川さんのヴィジュアル系シリーズは絵画の枠を飛び出して、ブログ等でもその活動を行っておりますが、90年代のヴィジュアル系バンドとファンの関係性をかなり冷静に分析し、メタ構造化していると思います。ブログも含めて、このシリーズの意図する部分を教えて頂けますか?

 

向「90年代ヴィジュアル系は自由の象徴だと思います。

今振り返れば、あり得ない格好や表現を攻撃的にできた時代。今は冷静におとなしくなりすぎていて、空気を読むような時代だと感じています。

表現する者にとっては、90年代のような勢いがないと何も変えられないと思います。

 

Xが昔は『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』に出ていたのを知っていますか?HIDEさんのX加入後の初仕事となったんですが。YOSHIKIさんはゲイリー・ヨシキという名前で、運動会に出たりしていました。いくらいい曲を作っていても聴いてもらえなければ意味が無い、知名度が必要と判断したからです。ブログがコメディタッチなのはそれを受け継いだのと、プロモーション的な役割があります。

 

また、ヴィジュアル系のダークなイメージとは反して、バンドの会報などではメンバーの違った側面が見られるのも魅力的だったと思います。

特にファンとの関係性は重要で、そのつながりの中で大きく活動も展開していったと思います。

 

『ヴィジュアル系』を絵画で扱う上では、こういった要素も外せません。

絵画の場合は音楽のライブ活動とは違い、個展を年間に何度もできる訳ではありませんし、ブログでも何かしらの表現ができると考えています。ファンの方には絵画以外の形でも、楽しんでいただきたいのです。

このヴィジュアル系シリーズでは、画家とファンの方との既存の関わり方も改築し、画家のイメージを変革したいと思っています。」

 

■なるほど、絵画というものを一つの切り口にして、多面的な面白さを見出せます。

 

ブログに登場するもう一人の主役である詩を書くということと絵を描く事と二つの人格(黒鬼劉氏)に分裂しての制作という事は、何か制作の上で思いはあるのでしょうか?

 


ここまで向川氏のお話をお伺いしていたところ、突然妖しい雲霧が...!わあ!月が真っ赤であります‼

ヴァニラ画廊のある第二蒲田ビルのエレベーターから現れたのは、鴉に、蝙蝠に、狼に、コブラまで‼

シヴァ様の登場です!(遅刻。)

 

刺覇(シヴァ)「分裂ではなく別人格である...せ、設定でもない...貴様、殺害するぞ。我輩の天才的なインスピレーションによって産まれた詩からこそ、向川氏の絵画世界も大きく広がりが出るのである。描かれるモチーフには、詩によって様々な解釈が可能な命が吹き込まれるのだ。鑑賞者の心に音楽的な強さをダイレクトにぶつけるには、この詩と絵画双方による相乗効果が重要なのである。そういう意味で、我輩と向川氏は【二心同体】ということなのだ!」

 

20130521165430.jpg

ヴァニラ画廊内が一気に暗黒の闇に包まれました!(早くインタビューを済ませてしまいたい‼)

 


■今回の展覧会について、見どころを教えて頂けますか?

 

向「現代アートの屁理屈っぽさ一切ありません。作品には様々な意味を込めているので、作品が良いか悪いかは好きか嫌いかで判断していただいて構いません。詩を詠んでいただき、僕たちの世界観を堪能していただけたらと思います。」



刺覇(シヴァ)「見どころは全部だ!これを読んだ貴様らには呪いをかけてやった!『審判観にいかなあ観念!!!』会場に来なければ呪いは解けんぞ...苦苦苦苦。永遠に地獄を彷徨うことになるであろう!夜露死苦!」

 

 

■うぎゃああああ!!!...いかなあかん!これは、審判観にいかなあ観念!!本日はありがとうございました‼

 

向川氏と、シヴァ様は仲良く蒲田ビルの小さなエレベーターに乗り込みお帰りになりました。(鴉と蝙蝠と狼とコブラも。)

先ほどまでの霧は晴れ、月はいつものように優しい光を湛えています。。

 

■向川氏の油彩の大作も含めて、その深い世界観がヴァニラ画廊に展開する1週間、是非足をお運び頂き、大迫力の作品をご高覧下さい。

(会期中はシヴァ様は降臨するのでしょうか。。ヴァニラ画廊にかかる月が赤い時にはきっと。。)

 

 

 

 

向川貴晃 個展「審判--the transiency of life-」 

'13/5/27(月) 〜 6/1(土)

向川貴晃 個展「審判--the transiency of life-」

ヴィジュアル系絵画シリーズ第一弾独裁サバト。

向川貴晃は「ヴィジュアル系」をメインコンセプトに、自身の【ヴィジュアル系担当】の分身「黒鬼劉刺覇・クロキリシヴァ」となり、作詩を行い、そこから インスパイアされた絵画制作を行っている。 描かれる絵画は、「黒鬼劉刺覇」の曲の代わりでもあり、CD ジャケットでもある。つまり彼のヴィジュアル系の活動のメインヴィジュアルなのである。
向川の試みは、絵画による視覚的なインパクトとともに、作詩された精神世界を鑑賞者に提示することを目的にしている。痛みや悲しみなどの悲観的な精神的 事象を題材とするのは、混沌としたこの世界で人がそれを抱え苦しんでいる現実を描き出す為である。鑑賞者の共感による癒しを目指し、作品へと昇華している点において、「ヴィジュアル系」の構造をメタフィクションとして、絵画で表現している。

◆向川貴晃プロフィール◆

クロキリ シヴァによるブログ「黒鬼劉 刺覇と不愉快な仲魔たち」でのヴィジュアル活動も展開中。
このブログに登場するキャラクターをもとにしたシリーズ制作も行っている。
バンド「BUCK-TICK」のイラストコンテストで優秀賞を受賞。

19 X X 年 北海道生まれ。魔界村在住。
2004年 スペイン・マドリードへ海外研修
2005年 被爆者の証言を元に「原爆の絵」を制作(広島平和文化センター寄贈)
2006年 アンソニー・ヴァン・ダイク「ニコラス・ロコックスの肖像」模写 (広島県立美術館)
2009年 広島市立大学大学院総合造形芸術専攻(博士後期課程)修了、博士号取得
2010年 「光の肖像」展 in London〈ロンドンブルネイギャラリー/イギリス ロンドン〉
2012年 公募日本の絵画2012 佐々木豊賞受賞 (永井画廊/銀座)
2013年 アリス幻想奇譚(Bunkamuraギャラリー/渋谷)
その他、個展、グループ展など多数。

公式HP
http://gente666.web.fc2.com/

ブログ「黒鬼劉 刺覇 と 不愉快な仲魔たち」
http://ameblo.jp/kill-you-in/

古川沙織個展

【獣林譚~少女百態】
コラボレーション展示・森馨

'13/5/13 〜 5/25

 

古川沙織さんのエロティックメルヘン溢れる展覧会がスタート致しました。

画廊内には、麗しの少女達が、妖しい遊びに興じております。

少女達の秘密の花園に是非足をお運び他下さい。

 

 

◆女の子のための可愛い責め絵を描いています。
汚され犯されるほどに光輝を放つ、少女たちの肢体をぜひご高覧下さい。

古川沙織 プロフィール

「エロティックな少女の黒いメルヘン」をモチーフに、イラストレーション作品を制作。
2011年に画集「ピピ嬢の冒険」を刊行。(アトリエサード刊)

2007年 個展「薔薇とネクタール」
2009年 「ヴァニラ画廊 蚤の市」展
2010年 個展「PINK SALOME」
「CONDENSED VANILLA」展
2011年 「菫色の文法」展
個展「ピピ嬢の冒険」
「CONDENSED VANILLA」展
2012年 「女犬夢図鑑」展
/などに展示参加。
以上ヴァニラ画廊

展覧会特別イベント◆
【ピピ嬢の憂鬱~少女愛デッサン会】

5/18(土)17:10開場、17:30スタート~19:00まで。(参加費2,700円1ドリンク付き)
■モデル:七菜乃
古川沙織の絵画世界を具現化し、人体デッサン会という形で体感して頂く試みです。
パフォーマンス要素を取り入れた、レスボスムードあふれるコスチュームデッサン会です。

◆15名様限定・完全ご予約制です。
ご予約はこちらから!

 

■山本直樹「白黒」展

◆4月29日(月・祝)~5月11日(土)

入場料500円

 

※ この展覧会は18歳未満はご入場頂けません

 20130504121935.jpg

 ゴールデンウィークの特別企画として、山本直樹展を開催致します。 氏の描く作品は常に大胆でセンシティブな「エロス」を追求してきました。それは視覚から感じるものと同時に、時にユーモラスで、時にほろ苦く胸を抉るような物語で、多くの読者を魅了し続けております。 その膨大な作品群の中から、近年の作品を中心に、早くからコンピューター上での表現を行う氏のこだわりと世界観をヴァニラ画廊内に展開致します。
 ゴールデンウィークに、是非山本直樹が仕掛ける「白黒」ショーをお愉しみ下さい。


 

◆山本直樹プロフィール◆
1960年2月1日北海道松前郡福島町生まれ。早稲田大学教育学部国語国文科在籍中に、小池一夫が主催する「劇画村塾」に入塾。1984年に森山塔名義でデビュー。同年山本直樹名義でも執筆開始。 早くから漫画にMacintoshによる作画(CG)を取り入れ、独特の描写と演出で人間をテーマにした作品が高く評価されている。 代表作に「Blue」「ありがとう」「フラグメンツ」などがある。現在は、漫画雑誌「マンガ・エロティクス・エフ」のスーパーバイザーも務める。待望の新刊が『分校の人たち』1巻(太田出版)、6月中旬発売予定!

 

 

◆山本直樹展特別トークイベント◆

5/4(土・祝) 17:00~
入場料2,000yen(1D付)

スペシャルゲスト:宮台真司(社会学者)

―――――――――――イベントご注意―――――――――――
■イベント当日の4日(土)は12時から16時半まで通常営業となり、16時半にはイベント準備の為、閉場致します。
■イベントは会場前にお並び頂いた順に御案内する先着順です。
ご予約・整理券の発行はございませんので、ご了承ください。また、お並び頂くお時間は16時半~とさせて頂きます。
それ以前の時間にお並び頂く事はできません。
■今イベントは先着40名程のご案内となります。
■イベント中は作家がサインを行う事はできません。予めご了承ください。