2012年10月アーカイブ

ヴァニラ画廊は、エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ウルトラ005」に出展致します。

 

 

エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ウルトラ005

 

http://systemultra.com/plusultra/ultra/

 

ヴァニラ画廊は、オクトーバー・サイドでの出展となります

オクトーバー・サイド

Oct. side 2012/10/27 (Sat.) 30 (Tue.)

11:00 20:00

ノーベンバー・サイド

Nov. side 2012/11/1 (Thu.) 4 (Sun.)

11:00 20:00

スパイラルガーデン(スパイラル1F
Spiral Garden (Spiral 1F)

入場料:無料
Admission Free

ヴァニラ画廊出展ウォール:23

 

山下.jpg

 

【出展作家】朝倉景龍・たま・ぴんから体操・福山フキオ・水元正也・山下昇平

 

福山2.jpg  gallows_1.jpg

福山フキオ                    たま

 

展示タイトル:ULTRA PHANTOM

 

私達の内に派生する欲望と感情の幻:ファントム

 

朝倉景龍:脂と鉛筆で塗りこめられた美しい巨大なミューズ達は、作家が愛すれば愛するほどに歪んだファントムに変貌していく。

 

水元正也:水元は鼻や口を歪めた女性の顔面を主にモチーフとしている。作家が切り取る不吉な予感の肖像は、沈黙ながらファントムの出現との対峙について雄弁に問うている。

 

福山フキオ:福山の描く少女像―一瞬最も美しい形を晒し、煙のように消えてしまう。その一瞬に一生囚われてしまう事を嘲り笑うように。福山の描く人型の「何か」も、その幻影に囚われ、追い求め続けた残像なのだろうか。

 

たま: たまの絵画は、「可愛らしさ」にコーティングされた、悪意と恐怖による甘美な童話世界だ。生への反抗、綺麗に朽ちてゆくことに対する乙女の憧憬。

 

ぴんから体操:彼はアダルト誌に20年以上もイラスト投稿を続ける謎の人物であるが、彼の作品世界はまさに幻影の世界だ。だが彼にとってはそれこそが「リアル」の世界なのかも知れない。自らの欲望と叫びを粛々と日々描き続けるぴんから体操の生きている時間枠は確かに紙の上にある。

 

山下昇平:山下の形作る立体はある種の官能性さえ纏いつつ、嫋やかな表情を浮かべている。かの「化物」達はときに微笑み、ときに叫ぶような泣き声をあげる。

 

彼らは何故自らの幻影を作品として創り続けるのか。

それは上辺だけの安定した日常の中で、静かに引き裂かれ歪められ、死んでいく自我を、必死に繋ぎとめる作業なのかも知れない。

 内に籠るファントムに形を与える事、それは人間の業であり、叫びであり、そして営みなのだ。

 

 

◆◆◆

 

私達の内に派生する欲望と感情の幻:ファントムを描き続ける作家を中心に展示を展開致します。

また、展示作品は全て販売を致します。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

ヴァニラ画廊では1022日より、「女犬夢図鑑」を開催致します。

 

女犬1.jpg

 

 

■女犬夢図鑑■

 

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2012/20121022.html

 

20121022日(月)~113日(土)

入場料500

18才未満はご入場頂けません

 

《出品作家》 室井亜砂二 / サイモン・ベンソン / 稲垣征次 / 海明寺裕 / 小杉あや / 左母次郎 / 清水真理 / 須川まきこ / ダーティ・松本 / 照沼ファリーザ / 林美登利 / 早見純 / ぴんから体操 / 古川沙織

 

楽園を追放された人類が、神がつくった野性の狼を飼い慣らして獲物でも敵でもない獣、「飼い犬」という畸形の生き物を作った時、人は「飼い主」という畸形の生き物になった。そうして自問をはじめた。

「自分はなぜ人になり、犬は犬になったのか?」

人と犬との関係は自己と異種との関係についての基本的な命題になる。

 

文化は倒錯する。ペットに可愛い洋服を着せて擬人化し、自分の子供のように可愛がる飼い主があらわれる。「異性を飼い犬のように愛玩調教したいと夢見る人」や「飼い犬になって所有され、安らぎを得たいと思う人」もあらわれる。

飼い犬が一心に飼い主を見上げる時の眼差しを思うと胸が痛くなる。あなたは今まで、あれほど思いのこもった眼で異性にみつめられたことがあっただろうか?そんな飼い犬のように自分を慕ってくれる女性がいたとしら、どれほど愛おしい事だろう。

 

人と異種とを越境し、禁断のイメージに憑かれた作家達の夢の欠片をならべました。―――――室井亜砂二

 

 

この秋、もっとも危険にしてもっとも甘美な展覧会をお送りいたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

ヴァニラ画廊では、108日より、「オリエント工業35周年記念特別展示 人造乙女博覧会Ⅲ」を開催致します。

 

人造乙女1.jpg

 

■オリエント工業35周年記念特別展示 人造乙女博覧会Ⅲ■

 

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2012/20121008.html

 

2012108日(月・祝)~1020日(土)

入場料500

18才未満は入場できません。

平日12時~19時 土日祝12時~17

13日はイベント設営の為、16:30迄の営業となります。

 

 

 

愛される為に生まれたあの乙女達が、

ヴァニラ画廊にかえってくる!

 

多くの来場者に衝撃と感動を与えた「人造乙女博覧会」。展示にご協力頂いたオリエント工業は今年で35周年という節目の年を迎えます。35年に渡り、オリエント工業の掲げる一貫とした志、それは、人と相対し、関わり合いを持つことが出来るラブドールをつくるという事でした。性の対象になる彼女達は、人形の持ついわゆる「不気味さ」を排除し、逆に人間的な温もり、性的な魅力を満弁に纏っているのです。寄り添う事が出来る事、心を包んでくれる事、それを造形として最大限にまで掘り下げた究極の形だと言えるでしょう。

 今回オリエント工業35周年を記念し、彼女たちのエロスをテーマに、展示を展開、今後のラブドールの進化系作品も初お披露目致します。 心の通い合いを求める私達の孤独を、真摯に受け止め続けるドール達の可憐なる姿をどうぞご高覧下さい。

 

 

 

人造乙女2.jpg

 

 

☆展覧会特別イベント開催!ラブドール・エロティックポージング講座

10/13()17:00- 入場料1,500

◯講師:オリエント工業・児玉延之

魅惑的なポージングのドールとのチェキサービス(1枚付)

※こちらのイベントは予約制ではございません。当日会場にお並び頂いた先着順となります。(13日はイベントの為、通常営業は16時半までとなります。)

 

皆様のお越しをお待ちしております。