2012年5月アーカイブ

ヴァニラ画廊では、64日より、江津匡士展 「ジャパガ~日本少女画譜~」を開催致します。

 

◇江津匡士展 「ジャパガ~日本少女画譜~」◇

 

64日(月)~69日(土)

◆平日12時~19時  土曜 12時~17

 

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2012/20120604.html

 

江津.jpg

 

 

近代から現代にかけて量産されてきた多様な少女のイメージ。

とりわけ「女学生」という言葉からは古風で清楚な少女の姿が想起され心ときめきます。

 

夢想のなかに浮遊する女学生像を絵画に留める作業をしています。

 

■江津匡士(ごうづただし)プロフィール

 

1970年生まれ、長野県出身。

1995年多摩美術大学デザイン科卒業。

1996年アートユニット、ザ・ビークルを結成し第5回「大アート展」において「家電収納表層家具しらかば」が審査員特別賞を受賞。

国内外で多数の展示を行う傍らビークルを母体としたデザイン会社を設立、デザイナーとして勤務する。

現在独立しデザイン業と平行して日本少女を題材にした作品群「ジャパガ」を制作している。

2003年より、映画、舞台劇中映像に美術監督として数多く参加。

主な作品に第57回ベルリン国際映画祭正式出品作品「カインの末裔」、

宝塚歌劇団『薔薇の封印』、東宝ミュージカル『エリザベート』『モーツァルト!』、愛・地球博/瀬戸日本館『一粒の種』アニメーション製作 他。

 

□主な展覧会

1996        「ジャパガ」カフェギャラリー宵待草(吉祥寺、東京)

22回現代童画展 奨励賞 東京都美術館(上野、東京)

第5回ソニーアートビジネス・オーデション石井竜也賞(THE VEHICLEしらかば)ラフォーレ原宿(原宿、東京)

1997 JACAグランプリ97日本ビジュアルアート展入選

THE VEHICLE モトラマ」モリスギャラリー (銀座、東京)

1998         24回現代童画展 出版美術学研賞 東京都美術館(上野、東京)

2000         JAPAGA 2000」ギャラリーツープラス(日本橋 、東京)

THE VEHICLE トウキヨラマ」 現代美術製作所(墨田区、東京)

2001         JaPaGa 2001」ギャラリーフォレスト(銀座 、東京)

What the defference between...?」クンストビューロ他3会場(ウィーン、オーストリア)

2003         29回現代童画展 奨励賞 東京都美術館(上野、東京)

個展「衣萌」カフェギャラリー宵待草(吉祥寺、東京)

2004         個展「日本娘印」カフェギャラリー宵待草(吉祥寺、東京)

2005         個展 カフェギャラリー宵待草(吉祥寺、東京)

「美少女展」マリアの心臓(渋谷、東京)

個展「JaPaGaHapworth16(吉祥寺、東京)

2010         「アリス展」マリアの心臓(渋谷、東京)

「谷根千界隈の文学と挿絵 展弥生美術館周辺を舞台にした“ものがたり”」弥生美術館(文京区、東京)

2011         「セーラー服コンプレックス」ビリケンギャラリー(青山、東京)

Arrivederci Maria Cuore」マリアの心臓(渋谷、東京)

「吉屋信子「花物語」に寄せて」ザロフ(初台、東京)

                   * DVD 画ニメ「女生徒」原作:太宰治 作画・美術監督 幻冬舎より発売中

 

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

ヴァニラ画廊では528日(月)より、「蹂躙史エピトマイザブックレット・アンコール記念 沙村広明 原画+ジークレー展【蘇る虞美人】」を開催致します。

 

◇蹂躙史エピトマイザブックレット・アンコール記念 沙村広明 原画+ジークレー展【蘇る虞美人】◇

 

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2012/20120528.html

 

特別展示:森馨人形作品

エピトマイザアンコール.jpg

 

 

528()62()

(こちらの展示は18歳未満のご入場はできません。)

 

「蹂躙史エピトマイザ展」では、最終日を待たずに完売してしまったブックレットですが、このたび収録作品とページ数を増やし、判型を大きくした改訂特別版を発行いたします。

これを記念して、沙村広明の原画+ジークレー版画の展示を開催致します。

 

今回の展示では、画集「人でなしの恋」収録の原画や、今回描き下ろしの作品を含め沙村広明の責め絵のジークレー版画を展示します。

「蹂躙史エピトマイザ展」で好評を博した、森馨の人形作品も展示しますので前回見逃した方も、ぜひこの機会にお越しください。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

ヴァニラ画廊では514日(月)より、小山哲生+朝倉景龍+KIZIMECCA展覧会「VITAMIN-V」を開催致します。

 

■小山哲生+朝倉景龍+KIZIMECCA展覧会「VITAMIN-V」■

 

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2012/20120514.html

 

514日(月)~526日(土)

平日12~19時、土・祝日12~17時 日曜休廊

・入場無料

 

ビタミンV.jpg

 

もしもあしたが世界の終わりでも、

ぼくはリンゴの種をまくだろう。

 

その事件は19695月、銀座のある大ホールで

起こった。

ステージ上に現れた長髪のヒッピー風の若者が、バケツの中のリンゴの 上にいきなり脱糞し、 客席に向けてそのリンゴを投げつけたのだった。

阿鼻叫喚、異臭漂うこのハプニングを起こした男こそ、若き日の小山哲生である。

彼はアートのなかにビタミンを発見、自分の表現行為を「ビタミン・ アート」と名付けた。

 

このスキャンダラスな遺伝子を刻んだブラックスターの出現を、今日こそ待望されている時はない。

突然変異のように憑依し伝播する、人類を挑発するアートの強烈な磁場。

 

この衝動と精神を、「Vitamin-V」と名付けよう。

 

小山哲生

 

長野県に生まれる

60年代アートのなかにビタミンを発見、自分の表現行為を「ビタミン・アート」と名付ける。儀式、ハプニングを通して、テレビ、雑誌にビタミン・アートを紹介する。新宿、銀座の街頭でデーティング・ショー「太陽曼荼羅」シリーズで個展。銀座東芝ホールで牛と蛇と人の共演でビタミン・アートリサイタルを開く。

70年代インド放浪。「花とビートルズとお釈迦様」のテーマで個展。人形の制作を始める。「人・人・人形」のテーマで個展。

80年代インド放浪。風景画を描き始める。ブロードウェイ新人賞でグランプリを取る。個展「神話深層の飛行」にて銀座 ギャラリーラランヌの壁面を白い夢でいっぱいにする。

90年代銀座 三真堂ギャラリーで立体拡大のオブジェを発表。公募展にて東京都知事賞、内閣総理大臣賞受賞。

2005年 渋谷マリアの心臓「この世でいちばん真っ赤なりんご」のタイトルで個展。

2006年 人人展(東京都美術館)小さな人人展(羽黒洞木村東介)地獄太夫展(マリアの心臓/人形屋佐吉)幽霊展(マリアの心臓/人形屋佐吉)

2007年 少女恋の美学(マリアの心臓/人形屋佐吉)人人展(東京都美術館)受胎告知展(マリアの心臓/人形屋佐吉)

2008年 囚われし少女の嘆き・展(マリアの心臓/人形屋佐吉)銀座 ヴァニラ画廊「耽醜の美」のタイトルで個展。IFAA(国際幻想芸術協会)「幻想芸術展」京都(同時代ギャラリー)東京(世田谷美術館区民ギャラリー)幻獣展(ロイヤルサロンギンザ)白昼の大見世物展“サディスティックサーカス・見世物アートの現在”(ヴァニラ画廊)

2009IFAA(国際幻想芸術協会)「幻想芸術展」東京(ギャラリー やさしい予感)幻獣展(ロイヤルサロンギンザ)IFAAミニチュアール展(ギャラリーベルンアート 大阪)ヴァニラコレクション(ヴァニラ画廊)この指とまれvol.2 ~地球と子ども達の愛ある未来に~(NHKみんなの広場ふれあいホールギャラリー)

2010年 人人展(東京都美術館)小さな人人展(羽黒洞木村東介)ベラドンナ展(神楽坂DIE PRATZEIFAA(国際幻想芸術協会)「幻想芸術展」東京(ギャラリー やさしい予感)

2010年) 91日 進行性胃癌により、さいたま市内の病院にて逝去 享年 67

 

朝倉景龍 プロフィール

 

1986年、鹿児島県生まれ。

鹿児島県立松陽高校中退後、2002年より制作を始める。

個展

2006年「貉」

2007年「二枚舌」

2008年「挽肉」

2009年「注文の多い料理店にて」

2010年「絵画アイドル!ウルトラふぁんとムー☆」

2011年「キメリカル胎動」

ヴァニラ画廊にて

 

キジメッカ

 

略歴

1967年東京生まれ

時折絵を描いている。

*******************************************

大抵の場合、救いは無い。

夢のような話は、元々無い。

成功も失敗も大袈裟で、驕る奴、自殺する奴、どちらもクズです。

空気を読める奴は便利、でもつまらない。

ブスにはブス、バカにはバカと言おう。

自慢話を聞けない奴は、自慢話をする奴と同レベル。

凡人を認めない大量の凡人。

努力は微力。

あぁヘラヘラしていたい。 そんな絵。

 

 

皆様のお越しをお待ちしております。