【公募】ヴァニラ大賞

この度、ヴァニラ画廊ではヴァニラ大賞として作品を公募いたします。感動のトラウマを与えうる、新たな表現をお待ちしております。

ヴァニラ大賞Webサイト⇒http://www.vanilla-gallery.com/award/index.html

【公募】ヴァニラ大賞

アートとは何か!
この根源的な問いに答えはありません。応募規定に沿う作品であれば、表現内容はまったく自由。
ヴァニラ画廊ならではの、ジャンルを乗り越え審査員を驚愕せしめる問題作の応募を期待しています。

主催
ヴァニラ画廊

応募期間
2012
101日~1031

応募規定
オリジナル作品を創作する個人またはグループ。国籍・年齢及びプロ・アマを問いません。

作品の範囲
表現の内容・技法はすべて自由です。
作品の大きさは、平面(40号・約100×81cm)、軸作品(約100×180cm)、
立体作品(高180cm×100cm×奥行100cm)の範囲におさまるように考えてください。
他の公募展で入賞した作品、すでに商品化された作品は応募できません。

応募方法
「応募用紙」をダウンロードして、必要事項を全て記入してください。
(応募用紙の配布、このページからのダウンロード開始は201231日からとなります。)
応募料と一緒に現金書留でお送りくださるか、画廊まで直接お持ちください。
ダウンロードできない方は、80円切手を同封のうえ応募用紙をご請求ください。
応募用紙は、ヴァニラ画廊でもご用意しております。

1次審査/20121031日までに作品の紙焼き写真(画素数350400dpi

サイズA4)
と応募用紙にプロフィールを記入し郵送してください。映像作品のみDVDを添付することができます。
応募書類および作品写真は返却致しません。
2次審査/第1次審査を通過した作家は、作品を指定場所に搬入(郵送可)してください。

応募締め切り
1次審査/写真選考締切20121031日(当日消印有効)
2次審査/作品選考締切20121130日(第1次審査通過者のみ、11/1520の間に直接連絡します。)

応募料
応募点数は13点まで。応募料は1点につき3.000円です。
応募に関する一切の費用は応募者の負担となります。作品の搬出入に要する費用等も応募者の負担です。

審査
審査は厳正に行いますが、審査結果、入落選の理由等のお問い合わせには応じられません。

審査員
都築響一:写真家
宮田徹也:日本近代美術思想史研究
内藤巽:ヴァニラ画廊
大賞/1名(作品1点を買い上げのうえ、ヴァニラ画廊で個展開催。)
都築響一賞/1名(ヴァニラ画廊でグループ展開催。)
宮田徹也賞/1名(ヴァニラ画廊でグループ展開催。)
ヴァニラ賞/1名(ヴァニラ画廊でグループ展開催。)

応募作品の取り扱い
作品の著作権は応募者に帰属しますが、主催者が行う作品の撮影、印刷及び広報に関する写真、
作品の情報提供についてはそれを許諾することを条件とします。
応募作品の取り扱いには万全を期しますが、万一破損した場合には、主催者は責任を負いません。

< 事務局 >
ヴァニラ画廊 大賞係
104-0061 東京都中央区銀座6-10-102蒲田ビル4
TEL
FAX: 03-5568-1233
*
お問い合せは、メールフォームよりお願いします。 メールフォームはこちら>>>