「お嬢様学校少女部卒業記念式典」ースタッフコラム「少女という虚像」


◆「お嬢様学校少女部 卒業記念式典」◆
 
http://www.vanilla-gallery.com/archives/2011/20110404.html
 
■4月4日(月)~4月9日(土) 入場料500円 入場者にはノベルティをプレゼント★
 
■『お嬢様学校卒業記念アルバム』(税別2800円/発行アトリエサード/販売書苑新社)
会場にて購入のお客様には特別ノベルティをプレゼント★
 
■特別イベント「卒業記念式典 謝恩会」
4月8日(金) 午後7時開場 1500円(1D付)
・生徒による校歌斉唱
・トークショー「少女寫眞のフェティシズム」ゲスト:飯沢耕太郎
※イベント終了後、サイン会有!
 
黒髪の少女のみ入学できる架空の学校、「お嬢様学校」。
写生大会、身体測定、水族館遠足、文化祭、卒業旅行などの行事を約一年かけて記録した写真集「卒業アルバム」の発売を記念して写真展「お嬢様学校卒業記念式典」を行います。
今展示では「お嬢様学校」の一年間の学校行事写真を全て展示致します。
お揃いの制服、校章、靴下留めをつけた少女たちが遊ぶさまを是非、見にいらしてください。
会場では写真集「卒業アルバム」も販売致します。
 
 
01.jpg
■スタッフコラム■
 
「少女」という虚像
 
―「返らぬ少女の日の ゆめに咲きし花の かずかずを いとしき君達へ おくる」―
(吉屋信子『花物語』)
 
今回展示される「お嬢様学校」の写真作品はどれも、どこか静謐な印象を与える。作品を通して少女達の話し声や物音といった生々しい躍動が伝わってくるというよりも、真空の中で無音の内に遊ぶ少女達の残像、或いは丁寧に作られた少女達の標本―そのような静まった印象を与えるように思う。
それは彼女達が「架空」の存在だからなのだろう。
彼女達は誰も経験しえなかった、しかし誰もがどこかで共有している「少女」という存在の一種の虚像であり、大人に成る前の危うく脆い半透明な心の具象化である。
黒髪の決まったパターンの髪型に、揃いの制服、白い靴下…
彼女達は、「少女」というフィクションそのものなのだ。
そこには現実世界の幻滅するような猥雑さや残酷な時の流れは無く、私達が夢に見、焦がれる、イノセンスと強かさ、純潔と色香の混じり合った「少女」という妄想がそのままフォルムを持って存在している。
それは「少女性」へのフェティシズムである。
架空の返らぬ日々への奇妙なノスタルジイ、焦燥、憧憬、欲望―
「少女」という純度100%の妄想を孕んで、彼女達は写真の中で、虚構の学園に遊び戯れている。
 
―「大人になっては嫌、大人になってはいけません」―
(吉屋信子『花物語』)
 
画廊スタッフ 伊藤
 
05.jpg