田中欣一×金井清顕2人展2

写真家田中欣一氏の緊縛作品を画家金井清顕が描く。SM写真とエロチック絵画の幻想コラボレーション展の第二段!金井・田中画像.jpg

来週9月20日(月・祝)~田中欣一&金井清顕の展覧会がスタート致します。2007年に開催した展示では、田中欣一の撮りためてきた写真から、金井清顕がインスパイアを受け、田中作品の世界を自身の作品の中で再構築させ、互いの作品を高めあう良きコラボレーション展となりました。それから3年、新たな作品を携えて二人展が再び開催されます!

互いの作品について、お二人に語って頂きました。

 

【田中欣一】
金井さんとはワイレア出版(SMスナイパー誌)の忘年会で知り合いました。お話をしてゆくうちに私が以前撮ったことのある日活ロマンポルノのポスターの背景を書かれていたと言うことが分かりびっくりいたしました。不思議な縁ですね。
そんな縁続きで今度は、私の写真を絵にしたいと申し出がありました。私は快く受け入れましたが実はもう数枚描いていて、私の写真と見間違う、いやそれ以上の迫力で拝見させていただきました。二人展のことも金井さんからお話があり、やらせていただきました。早いものであれから3年も経つのですね。今は「スナイパー」も休刊となり私の写真も貴重になってしまいました。

Kt-world.jp(田中欣一の世界)で公開していますが、オリジナル原稿のすばらしさと金井画伯の迫力のある絵をを是非ご堪能ください。帰りは銀座で一杯どうですか?

 

田中欣一 Kinichi Tanaka / プロフィール
1947
年埼玉県三郷市生まれ。1969年日本大学芸術学部写真学科卒業。1969-70年東映制作所にて「キーハンター」「プレイガール」等の宣伝スチールを担当。1971-1987年ピンク映画、にっかつポルノのポスター、スチールを担当16年間、約800本手がける。1988年~現在アダルト系の月刊誌グラビア(S&Mスナイパー等多数)担当、写真集「緊縛紀行」、「浮世草子」、「ヒップホップ」、等多数。現在、新宿と埼玉三郷市でレンタルスタジオを経営。

 田中&金井 サイト用画像1.jpg

【金井清顕】

田中先生の緊縛写真は、昔からよく雑誌で見て意識していました。背後からの光で、強く白いハイライトが女体の淵に入っているとか、横たわる女の股間から奥の顔までピントがカッチリ合っていたりとか、ライトの数を多く使用して撮影されているので、肌の質感が良く出て、いかにも女体が「美味しそう」に撮れてることなどが好ましいのです。この品格のある画質で、とんでもなく卑猥な事が行われてる絵柄。それが私にとって、田中欣一作品の大きな魅力ですね。ただ、多くの人は網点印刷などによって掲載された雑誌のものしか目にされていないワケですから、ぜひ一度、大きな印画紙にプリントされた、滑らかでクリアーな緊縛作品をご覧になり、女体美を堪能し、かつ、感動して頂きたいと思います。

 

金井清顕 Kiyoaki Kanai / プロフィール
福岡県生まれ。日本工学院専門学校の芸術学部で映像作家を目指すが断念。1981年デザイン会社でチラシ広告用カット・イラストを担当、1988年フリーランスに。ブックカバー、ポスター、パッケージイラストなどを手掛ける。 200210月~20049月 S&Mスナイパー誌に「ロマン絵画館の逆襲」を連載。20041月ヴァニラ画廊にて、個展「ロマン絵画館の逆襲展」開催。2005年漫画制作開始。2007年写真家、田中欣一とヴァニラ画廊にて二人展開催。現在福岡県在住。

 

皆様のお越しをお待ちしております。