ヴァニラの書匣

ヴァニラ画廊では、展示スペースとは別に古書・書籍も多く取り扱っております。

こちらのコーナーでは作家や画廊スタッフが、書籍をご紹介したり、その周辺にまつわるコラムなどを掲載致します。

 

 

第一回目は、只今ヴァニラ画廊のショーケース内にて書物を追憶するブローチ作品シリーズ《Mourning Casket──追憶の寶石箱》・『死都ブリュージュ』を追憶する新作ブローチ《皮膚と遺髪のネック・ブローチI 夜の喪章》を展示中のミストレスノールによる特別寄稿・作品はもちろん「死都ブリュージュ」です。

 

NeckB.JPG

《上作品》「死都ブリュージュ」を追憶するブローチ《皮膚と遺髪のネック・ブローチI 夜の喪章》

ヴァニラ画廊・ショーケース内で展示中

 

 

ヴァニラ画廊では古書肆マルドロールより、ジョルジュ・ローデンバック関連の書籍(森開社)をお預かりしております。 

古書肆 マルドロールhttp://www.aisasystem.co.jp/~maldoror/

 

 

ヴァニラの書匣①

死都ブリュージュ

死都ブリュージュ 表紙.gif

著:ジョルジュ・ローデンバック

沈黙と憂愁にとざされ、教会の鐘の音が悲しみの霧となって降りそそぐ灰色の都ブリュージュ。愛する妻をうしなって悲嘆に沈むユーグ・ヴィアーヌがそこで出会ったのは、亡き妻に瓜二つの女ジャーヌだった。世紀末のほの暗い夢のうちに生きたベルギーの詩人・小説家ローデンバック(1855‐98)が、限りない哀惜をこめて描く黄昏の世界。