2022年11月30日(水) 本日の営業時間 12:00 - 19:00 【展示室A&B】 高崎ぼすこ個展「Euphoria」

'22/12/21 〜 1/15 ダニエル・ジョンストン・コレクション展
Flying to Another World

ダニエル・ジョンストン・コレクション展 Flying to Another World

2022.12.21 (水) ~ 2023.1.15 (日)

コレクション協力: H.Nakajima/Daniel Johnston

平日(月~金)12:00~19:00、土・日・最終日12:00~17:00
(12月30日~1月2日休廊)展示室A
入場料1,000円
(当日券のみ/オンラインチケットの販売はありません)

  • 展示室Bルイス・ウェイン・コレクション展と同時開催になります。1枚のチケットで両展示をお楽しみいただけます。
  • 入場料はヴァニラ画廊受付にて、現金のみでの販売になります。
    (入場料支払いはクレジットカード/電子マネーはご使用いただけません)
  • 会期中の物販のみのご利用はお断りいたします。

ミュージシャンであり、アーティストでもあるダニエル・ジョンストンのコレクション展を開催いたします。

1980年代から40枚以上ものアルバムを製作し、そのシンプルで美しく、ピュアで歪な楽曲はニルヴァーナのカート・コバーン、デヴィッド・ボウイなど著名なミュージシャンに影響を与え、音楽シーンにおいて神秘的な存在として世界中で熱狂的に支持されています。2005年にはその半生が綴られたドキュメンタリー映画『悪魔とダニエル・ジョンストン』が公開されるなど、アメリカのアンダーグラウンドの象徴としてその名を馳せてきました。

ダニエル・ジョンストンは音楽と並行して、主題を同様としたアートワークの制作を続けていました。

作品内に登場するのは、1つ目の不気味な生物や悪魔、彼の永遠の恋人・ローリー、フランケンシュタインなどのモンスター、性と畏敬の対象としての女性、自身を投影したおばけのキャスパーや、アメリカン・アイコンとしてのキャプテン・アメリカ等、縦横無尽です。

描かれた作品は、音楽と同様にシンプルかつ美しく、そしてピュアで歪なものでした。彼の心の中の神話的世界観をダイレクトに投影し、アメリカ各州、フランス、ベルギー他欧州諸国で展覧会が開催され、氏が死去した今でも多くの人々を魅了しています。

今展示では、生涯描き続けてきた膨大な作品の中から、1994年に発売された『FUN』のジャケットにも使用された作品をはじめ、カラー作品、モノクロ作品を中心として展示しその作品の魅力に迫ります。また、ポスター類などのコレクションの数々も同時展示販売いたします。

孤高の鬼才・ダニエル・ジョンストンのアートワークを間近で感じる事の出来る貴重な機会です。

ダニエル・ジョンストン(Daniel Johnston)

1961年、アメリカ合衆国ウェストバージニア州出身。アーティスト、ソングライター、パフォーマーとしてカルト的な人気を博し、創造性に富んだ作品を数多く発表する。1980年代よりトム・ウェイツ、ソニック・ユース、カート・コバーンなどアーティストに支持され、数多くのメディアにも取り上げられた。

作曲数は500を超え、彼の人生を綴ったドキュメンタリー映画『悪魔とダニエル・ジョンストン』(2009)によって、音楽のみならず、アートや生き様に関心が再び高まっている。彼のアート作品は、2006年のホイットニー美術館の隔年行事にも出展されている。

2006年にHighwire Musicからリリースされた新しいコンピレーション・アルバム「Welcome To My World」、再リリースされた「Hi How Are You / Continued Story」と「Yip Jump Music」を含め、30枚を超える彼のアルバムの半数以上が今なお流通している。

カート・コバーンが着ていたダニエルの「Hi How Are You」Tシャツは、2006年にヒューストン・クロニクル紙で「世界中で最も需要の高いインディー・アーティストのTシャツ」と評されている。

米国をはじめ、カナダ、ヨーロッパ諸国、日本などでツアーの実績もあり、2003年、2010年と来日を果たし、ライブを行った。 2019年9月10日58歳で死去。

展覧会にご入場いただくにあたっての注意事項