2021年8月5日(木) 本日の営業時間 12:00 - 19:00 【展示室A&B】 田島昭宇 画業35周年記念展 Side: A『Baby Baby』

21/6/8 〜 6/27 三家本礼 初原画展
「ゾドニスト~地獄は楽しい所だわ~」

三家本礼 初原画展「ゾドニスト~地獄は楽しい所だわ~」

三家本礼 初原画展ゾドニスト~地獄は楽しい所だわ~

2021年6月8日(火)~6月27日(日) 会期中無休
平日(月~金)11時~18時
土・日・最終日11時~17時
展示室A&B

入場料

オンラインチケット
800

感染症の感染拡大を防ぎ、お客さまの健康と安全を第一に考え、混雑を避けるため、 ご入場はオンラインによる事前予約(日時指定券)制となります。

  • 感染症防止の観点から、営業時間が変更される可能性がございます
  • 当面の間、オンラインチケットの販売のみとなります。当日券の発売は行いませんので、ご注意ください。
  • 会期中の物販のみのご利用はお断りいたします。

このたび漫画家 三家本礼の原画展を開催いたします。
『ホラーM』にて短編でデビューを飾り、同誌にて初連載作品であり、代表作の『ンビ屋れい子』が異例の長期連載を記録、その後も『巨乳ラゴン』、『サタスター』、『血まみれケバンチェーンソー』『アイアン・ゴースの少女』等、数多くの作品を手掛けました。その作品群はホラー、スプラッター、コメディ、お色気という要素を、一貫した美学と高い画力で、作品へと昇華。バイオレンスと妖艶さを兼ね備えた女性キャラクターたちが活躍する少年漫画的な情熱と恐怖が同居し、独自の人間ドラマとカタルシスにあふれたストーリーは、カルト的な人気を博しています。

本展では、初期の短編作品から、代表作まで幅広く生原稿を展示し、その活動を俯瞰します。
アクリル絵の具やカラーインクで描き込んだ美しい原画作品はもちろん、今展覧会の為に歴代のキャラクターたちを描き下ろした1枚絵も多数展示販売いたします。
異才、三家本礼の軌跡をどうぞお楽しみください。

三家本礼プロフィール

  • 1974年10月31日、広島生まれ。
  • ホラー映画と、スプラッター表現が許されていた時代の少年マンガで少年期の感性を育む。
  • 20歳、ぶんか社ホラーMにて短編『闇を這う音』が初掲載となる。
  • 21歳、ゲーム会社コンパイルに勤務、その間も幾つかホラー短編を描く。
  • 23歳、読み切り短編『ゾンビ屋れい子』を描く。
  • 以降、同タイトルは連載作品となり、その後も幾つかの連載作品を数誌で発表する。
    (全ての原稿は紙とインクで描かれている)
    連載作品のうち3タイトルが、映像化の機会にも恵まれる。
  • 2021年、銀座・ヴァニラ画廊にて初原画展開催。