'19/3/5 〜 3/17『日本のゲイ・エロティック・アート』完結記念
日本のゲイ・エロティック・アート展

新画廊 展示室 A&B / 入場料1,000円(展示室AB共通) ※会期中無休
日本のゲイ・エロティック・アート』完結記念 日本のゲイ・エロティック・アート展

『日本のゲイ・エロティック・アート』完結記念 Gay Erotic Art in Japan

日本のゲイ・エロティック・アート展

2019年3月5日(火)→3月17日(日)

営業時間:平日12:00〜19:00、土日祝日:12:00〜17:00/展示室AB(18歳未満入場不可)

チケット 入場料1,000円 - 今展覧会はチケット制となります。
必ず事前にLive Pocketにてチケットをご購入の上、会場受付にお渡し下さい。
(なお、受付でのチケット販売は行っておりません。ご了承ください。)

稲垣征次/大川辰次/小田利美/木村べん/児夢/髙蔵大介/田亀源五郎

Inagaki Seiji/Ookawa Tatsuji/Oda Toshimi/Kimura Ben/Gym/Takakura Daisuke/Tagame Gengoro

天道寺慎/武内条二/遠山実/長谷川サダオ/林月光//平野剛/船山三四/三島剛

Tendoji Shin/Takeuchi George/Toyama Minoru/Hasegawa Sadao/Hayashi Gekko/Hirano Go/Funayama Sanshi/Mishima Go

展示協力:伊藤文學、STUDIOKAIZ 城平海、日暮孝夫

日本のゲイ・エロティック・アート』完結記念 日本のゲイ・エロティック・アート展

「日本のゲイ・エロティック・アート」は、日本が生んだ優れたゲイ・エロティック・アートの数々を発掘、再評価した画集です。2003年にVol1、2006年にVol2、そして2018年には完結版としてVol3が刊行されました。
その完結版発売を記念して、この3冊の本に収録され、紹介された作家を中心に、この本を編集した田亀源五郎氏の作品も交え、ゲイ雑誌創世記の作家から、現代の作家まで貴重な作品群を展示いたします。

展覧会特別トークイベント

田亀源五郎×木下直之

ゲイ・エロティックアーティスト

美術史家

2019年3月10日(日)
17時20分開場 / 17時30分開演
事前チケット制(入場料2,000円)

1ドリンク付き、定員40名、18歳未満入場禁止
(年齢が確認できる写真付IDカードを必ずお持ちください。)

当日券はございません。必ず事前にチケットをご購入下さい。
チケットは通常展覧会チケットとは異なりますのでご注意ください。

●トーク会場設置のため、展覧会会場は通常の作品配置・展示作品が
 一部異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

展覧会を記念して、特別トークイベントを開催いたします。
「日本のゲイ・エロティック・アートVol1~Vol3を編集し、今展覧会にも作品を出品する田亀源五郎氏と、文化資源学の一環として、見世物から動物園、戦争、股間表現まで、幅広く研究している木下直之氏をお迎えして、「日本のゲイ・エロティック・アート」に掲載された作家たちの作品を中心にお話しいただきます。

日本のゲイ・エロティック・アート』完結記念 日本のゲイ・エロティック・アート展

ゲスト

田亀 源五郎(たがめ げんごろう)

マンガ家/ゲイ・エロティック・アーティスト。1964年生まれ。多摩美術大学卒業後、アート・ディレクターをしつつ、1986年よりゲイ雑誌にマンガ、イラストレーション、小説などを発表。
1994年から専業作家となり、ゲイ雑誌『G-men』(ジープロジェクト)の企画・創刊にも協力。同時に、日本の過去のゲイ・エロティック・アートの研究、およびその再評価活動を開始。
また、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツなどのゲイ・メディアでも活動開始。2006年『G−men』企画より離脱。
『弟の夫』(双葉社アクションコミックス、全4巻)で第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第47回日本漫画家協会賞優秀賞、第30回アイズナー賞最優秀アジア作品賞を受賞。
『銀の華』(ポット出版)『嬲り者〔復元完全版〕』(ポット出版プラス)、エッセイ『ゲイ・カルチャーの未来へ』(Pヴァイン)など、その他著作多数。
また『The Passion of Gengoroh Tagame』(Picture Box)、『Gunji』(Bruno Gmünder)など海外での著作も多い。

木下直之(きのしたなおゆき)

1954年浜松市生まれ。東京藝術大学大学院中退。兵庫県立近代美術館学芸員などを経て、現在は東京大学大学院人文社会系研究科教授。静岡県立美術館館長。
文化資源学の一環として、見世物から動物園、戦争、股間表現まで、幅広く研究している。『新股間若衆』『戦争という見世物』『銅像時代』『せいきの大問題』『近くても遠い場所』『動物園巡礼』など、著書多数。2015年春、紫綬褒章受章。

日本のゲイ・エロティック・アートVol.1

『日本のゲイ・エロティック・アートVol.1』ゲイ雑誌創生期の作家たち
 編◎田亀源五郎 4,500円+税 初版刊行◎2003年判型◎A5判・上製・函入 頁数◎192P
 ISBN978-4-939015-58-8 C0071
 三島剛、大川辰次、船山三四、平野剛、小田利美ら「ゲイ雑誌創生期の作家たち」の作品約150点掲載。

日本のゲイ・エロティック・アートVol.2

『日本のゲイ・エロティック・アートVol.2』ゲイのファンタジーの時代的変遷
 編◎田亀源五郎 4,500円+税 初版刊行◎2006年判型◎A5判・上製・函入 頁数◎224P
 ISBN978-4-939015-92-2 C0071
 長谷川サダオ、木村べん、児夢、林月光、天堂寺慎、遠山実、蔵本彪ら、
 70年代から2000年に至るまでのゲイ雑誌で活躍した作家の紹介と作品約160点掲載。

日本のゲイ・エロティック・アートVol.3

『日本のゲイ・エロティック・アートVol.3』ゲイ雑誌の発展と多様化する作家たち
 編◎田亀源五郎 4,500円+税 初版刊行◎2018年判型◎A5判・上製・函入 頁数◎256P
 ISBN978-4-7808-0233-7 C0071
 稲垣征次、武内条二、髙蔵大介、水影鐐司、遠山実、児夢の作品170点以上掲載。
 稲垣征次へのインタビューも収録。

全てポット出版にて販売中!