'15/1/26 〜 2/7中島圭一郎展「部屋と少女と赫い縄」

新画廊 展示室 B / 入場料500円(A&B室共通)

肌の上に滲む、縄痕とアイデンティティ。

かすかに日の射す白い小部屋で、
身体は自由を奪われる。

柔肌に食い込む縄。許しを乞うような視線。
湿った吐息。甘い匂い。体温。

赫く燃える麻縄に身を委ねて、
少女たちは何を想うのか。

中島圭一郎

なかしまけいいちろう

2000年頃から女性を被写体とした写真を撮り始め、
2006年、bitnude graphics設立とともに参加。
2013年よりウインクキラーという写真プロジェクト開始

* 個展

2014年
【ウインクキラー展】 (三鷹ユメノギャラリー)
2014年
【みずのなかのことりたち】 (神保町画廊)
2014年
【緊 緩】 (神保町画廊)

* 写真集

2013年【ウインクキラー】
(発売/マイウェイ出版)
2014年【部屋と少女と赫い縄】
(発売/マイウェイ出版)

中島圭一郎展「部屋と少女と赫い縄」