2021年1月19日(火) 本日の営業時間 12:00 - 19:00 【展示室A】 猫将軍展「FEAST AND THE BEAST」 【展示室B】 鳥居椿×最合のぼる『青いドレスの女』出版記念原画展

'14/3/3 〜 3/15  兵頭 喜貴 写真展 模造人体シリーズ第5弾
「さらば金剛寺ハルナとその姉妹-愛の玩具たち」

新画廊 展示室 B / 入場料500円(A&B共通) ※3月9日(日)も特別営業いたします。

ぴんから体操・兵頭喜貴 展覧会開催特別ギャラリートーク

開催日時:2014年3月8日(土)17時~
出演:兵頭喜貴 ゲスト:都築響一氏をお迎えして
イベント入場料1500円(ワンドリンク付き)

入場料500円
(同時開催のぴんから体操作品展もご覧いただけます。)

兵頭喜貴死す。
そしてハルナたちの新たなる旅立ちが始まる

2013年8月5日未明、それまで感じたことのない激しい頭痛で目覚めた直後に嘔吐し、大学病院に救急搬送されました。検査の結果、下垂体と呼ばれる頭のど真ん中でホルモンの分泌を制御している豆粒ほどの脳ミソが、腫瘍に圧迫され出血していたことが判明しました。脳自体が壊れると、頭の中は痛みと苦しみだけで満たされ、理性も欲望も完全に消滅し、咽の渇きさえ感じなくなってしまうのです。今、思い出しても恐ろしい体験でした。

その後の1ヶ月間に渡る入院生活は苦難の連続で、死を想起させる頭痛に目の異変が重なり、一時は人生の終わりを覚悟しましたが、何とか回復することが出来ました。しかし、本当に辛かったのは、むしろこの後でした。大量の画像診断、負荷試験と呼ばれる過酷な”人体実験”の結果、もう10年以上も前から下垂体の機能障害が起きていたことに加え、今回の出血でさらに異常が拡大し、ホルモンの分泌が完全に狂ってしまっているので、脳の外科手術を行うか、死ぬまで薬物治療を受けなければならないと告げられたのです。

事実、程なくして、下垂体の機能障害及び薬物治療による体質の変化は、急速に実体化していきました。古い皮がぼろぼろ剥落し、視力が下がった反面、味覚と嗅覚は鋭敏になり、睡眠障害が解消された一方、生殖機能は壊滅し、あらゆる意欲も低下・・・厄介なことに、この病気は、人間の根本的な体質に加え、五感や感情面にも少なからぬ影響を及ぼすのです。脳が壊れ、その果たす機能が変化すると、全てが変ってしまうのですね。これには本当に驚きました。

残念ながら、今の医療技術では一旦壊れた脳は再生しません。現在、薬物治療でホルモンの分泌バランスを調えようとしていますが、やれることには限界があり、元に戻ることは永遠にありません。だったら、もういっそのこと兵頭喜貴は死んで、新しい身体に生まれ変わった。そう考えることにしました。その方がよっぽど清々します。

と言うわけで、古い自分とは、もうおさらばしました。しかし、「さらば」の後には「新たなる旅立ち」があり、以後「永遠に」「完結編」「復活篇」「2199」・・・と連綿とハルナ達との旅は続いて行きます。ですから、「さらば」とは、決別であると同時に新たな決意表明でもあるのです。

→兵頭喜貴 写真集「金剛寺ハルナとその姉妹」販売ページはこちら
→兵頭喜貴「特別ポストカードセット」販売ページはこちら

さらば金剛寺ハルナとその姉妹-愛の玩具たち