'10/1/11 ~ 1/30 三代目彫よし 刺青原画展 「水滸列伝図」

刺青の巨人が描く、梁山泊に跳梁する百八騎のヒーロー達が一堂に集まる

■1月24日(日)17:00~18:30 特別トークイベント
「水滸伝とアウトロー美学/現代刺青とアート」
天明屋尚+SHIGE+三代目彫よし
入場料1,600円(1ドリンク付)

今回の展覧会にお越し頂き、アンケートにご協力頂いた方の中から抽選で、1名様に三代目彫よし描き下ろしの掛軸をプレゼント致します。

=水滸伝=

忠義・アウトロー 奇縁宿命に導かれた天罡星・地煞星の霊星百八個をそれぞれ抱いた百八人の好漢達の操り広げる一大活劇である。
一一二〇年 黄河流域の滸に宗江を頭目とする大幹部三十六人が率いる反権力的な盗賊集団は水路を利用し黄河流域周辺を荒らし廻わった。この事実を基に創作され語られて来たものが水滸伝である。

後に本として成った時の作者は「施耐庵」とも「羅貫中」とも伝えられ中国三大奇書の一つに数えられている。大長編小説である。

時は北宗末、一代の風流皇帝徽宗の治世下、空前の太平に酔い痴れ贅沢三昧に耽った挙句ついには頽廃爛熟の兆しを顕わし、人心は惑い、次第に不安定な空気が漂い始めた。
生家を焼き旅立つ若き遊侠「史進」、総身に彫りし刺青は九条の龍。抱きし霊星は天微星。 人これを呼ぶ九紋竜史進と。
やがて数奇な運命は大渦となって無頼の好漢達を呼び寄せ大黄河は牙を剥き大陸は大きく揺るぎ始める。

=感謝=
芸能・思想・伝統・革命・アウトロー・あらゆるジャンルに精通し百冊以上の著書を残し二〇〇九年七月九日ご逝去された評論家の平岡正明氏
水滸伝が殊の外お好きで横浜「野毛」で水滸伝研究会を主宰、中国にその源流を訪ねる旅にも二度、三度。
この度の展覧会にあたり日ごろから親しくさせていただいていた誼みから一片のお言葉を添えていただこうとの願いも届かぬものとなりここに心よりご冥福をお祈り申し上げると共に、曲がりなりにも現在の私があるのも陰日向にと見守っていただいた平岡氏の影響とご指導あっての賜ものと感謝致して居る次第です。
ささやかながらこの展覧会の心を天罡星三十六員。地煞星七十二座。一百八星の魂と共に平岡正明氏に捧げたいと願うと共に霊安らかにと祈る次第である。 合掌

二〇〇九年七月 三代目彫よし 百伏千拝

「水滸列伝図」

- Suikoden -

Loyalty/outlaw
An action drama of 108 fellow ruffians in possession of 108 stars of destiny, Tenko stars and Chisatsu stars, who were guided by a strange coincidence and fate.

In the year 1120
A gang of anti-authority thieves led by 36 great leaders with Soko as the head robbed around the valley of the Yellow River by making use of waterways. Based on this fact, the story of Suikoden was created and has been told.

The author is said to be either “Shitaian” or “Rakanchu” when the story was finally written down as a book and is now counted as one of the Three Great Classical Novels of Chinese literature. It is an extremely long novel.

In late Northern Sung Dynasty, under the reign of the elegant emperor Kiso, people were immersed in unprecedented period of peace. As a result of indulging themselves in luxury, the signs of decadent and excessive maturity were finally showing. People have been deluded and uncertainties gradually prevailed.

A young man with a chivalrous spirit “Shishin” burnt down the house where he was born and left home. Having tattoo of nine dragons (Kumonryu) all over his body and Tenbi star of destiny in his hand, people called him Kumonryu-Shishin.

Later on the strange destiny swirled like a whirlpool and summoned up fellow ruffians. The great Yellow River bore its fangs and mainland started wavering.