2022年11月30日(水) 本日の営業時間 12:00 - 19:00 【展示室A&B】 高崎ぼすこ個展「Euphoria」

'05/11/21 ~ 11/26 佳嶋、草刈ミカ、輔老はづき、ミヤケ千夏 4人展
「イマンジ・オナ・スパンジ Image on a sponge展」

佳嶋 Kashima

デザイン事務所を経てフリーに
現在個展・グループ展など活動中

佳嶋の描く女性のラインに対する理想美の追求と共に、
思想や哲学を、表現して行きたいと思っております。
他には、反社会的かもしれない思想
社会的に目隠しされている存在(多種多様な差別・畸形や女性らしさ)
そういものを、私なりの表現で昇華していきたいと思います。
側に在って当然である存在をないがしろにする社会ですが
綺麗な言葉と、言葉の非差別による差別を
それと思わないように
醜悪なものを美しく描き、単なる自己中心的理想主義と
言われようとも、綺麗事で誤魔化すのでなく
普通に(佳嶋の美学の上での美しい表現という意味)
描く事で肯定して行きたいと思っています。

輔老 はづき HazukiSuketake

1996 名古屋芸術大学美術学部絵画課卒業
2004 第3回 吾の会東京 銀座画廊美術館
韓・日青年作家交流展   韓国 高麗大学校展示室

Seekの眼に映るモノ。
ソ・コ・ニ・ア・ル・モ・ノ
脳裏に潜んでいるHide。
カ・ガ・ヤ・ク・チ・イ・サ・ナ・タ・ネ
探して見つかる「hide-and-seek」
サ・ガ・シ・モ・ノ・ハ・ミ・ツ・ケ・ニ・ク・イ・モ・ノ・デ・ス・カ

イマンジ・オナ・スパンジ

草刈ミカ Kusakari Mika

1976 神奈川県出身
1999 東京造形大学造形学部造形学科美術専攻卒業
2001.11 個展 (国分寺)23ギャラリー
2002.06 個展 (銀座)ギャラリーフォレスト
2003.01 個展 (吉祥寺)shop33
2003.08 「ATTIST BY ARTIST」出品 六本木ヒルズ森タワー53F
2004.01 「シェル美術賞」入選 代官山昼サイドフォーラムF棟
2005.01 「NY Coo gallery Competition2005」奨励賞受賞

ある日、西新宿のガード下で女性のルンペンを見た。彼女は自分の排泄物をズボンの中に手を入れてそれを外に取り出すという行為を繰り返していた。そこを行きかう人々は白い目で、物凄い距離をとって避けて通り過ぎた。「汚い」、「最悪」などと言う人もいたが、そんなことでは済まされない大事件が起きていると私は感じた。もう既にショックを超えていた。なぜなら彼女は、女性というものをとっくに捨て切っていて、人間ということさへも見失おうとしていたのだ。同じ女性として何かが恐かったし、何かに苛立ちを感じたし、頭の中が一杯になった。以前からも私の作品は女性を題材にしてきたが、あの日からそれは強いものになった。私は作品にその何かを問う。

ミヤケ千夏 Chinatsu Miyake

1997 名古屋芸術大学絵画科卒業
1997~現在 個展、グループ展
(東京、名古屋、大阪、岡山、韓国等