森田一朗コレクション アメリカン・コラージュ~アメリカのかけらを探して~

新春特別企画・カメラマン森田一朗の蒐集作品大公開!

子供のころに、気がつくとアメリカと日本は戦争をしていた。
 広島と長崎に原子爆弾が投下、戦争は終結する。農地改革、労働組合法、日本国憲法公布。笠置シヅ子が東京ブギウギを歌い大流行する。漫画(ブロンディ) (チャック・ヤング作)朝日新聞に連載。1ドル360円に単一為替レート。警察予備隊。日米安全保障条約調印。対日平和条約・日米安全保障条約発効する。 第五福竜丸、ビキニの米水爆実験により被災。  森田一朗

 アメリカのかけらを集めた奇想天外なコラージュ作品。
1900年代の(およそ100年前)のポストカードや雑誌、マリリン・モンロー、ジュリー・ガーランドとミッキー・ルーニーの『ワーズ・アンド・ミュー ジック』、ネイティブアメリカン、リンカーン、映画『Star Wars』、奇術王ハリー・フーディーニ。アンディー・ウォーホールは再度コラージュ!ベティ・ペイジ、マーロン・ブランドのその微笑みを、森田が額に閉 じ込めた。

誰もが憧れ欲しがる、額に封じ込められた夢のアメリカン・コレクション全36点!

<森田コラージュ>賛江  千本健一郎(ジャーナリスト)  

 マリリン・モンロー、見知らぬネイティブアメリカン、そして寝静まった大都会の姿......。米国大陸の近現代の断面をほんのちょびっとのぞいただけで、強烈な「アメリカの風」が吹きつけてくる。  

 68年前に大戦が終わって突如、黒やら白やらの米兵に出くわしたときの衝撃は、それほどに深く私たちに沁みこんでいる。  

 「自由」だ、「民主主義」だと、気前よくばらまかれる「アメリカ文化」というヤツは、どれもこれもが新奇さに満ちていた。映画も、野球も、ご本尊の英語も。はては食糧、医薬品といった慈悲深い援助物資までが。  

 敗戦直後の人びとは、目の前の米国産「パンとサーカス」のまばゆさに圧倒され、その裏側まで見抜くゆとりはなかった。ならばアメリカに向ける私たちの視線は、あれからどれだけ熟したといえるだろう。  

 かつての腹ぺこ少年モリタ・イチローは、その新大陸の全盛、退廃、復元の切片をかき集め、今の世の「虚栄の市」の意味合いを、しばし考えさせてくれるのである。

 

森田一朗コレクション 「すてかん」コレクション

20140106134610.jpg

新たに展示するコレクション70点を加えて、再び登場する「路上の華」捨て看板およそ100点展示。
女子プロレス・マッハ文朱、ビューティーペアの全てが!

格闘技・ストリップまで大迫力のスペクタクル看板の数々をどうぞお楽しみに!

新画廊 展示室 A / 入場料500円(A&B共通)

※会期中無休

 ここに展示された「すてかん」とは、神たちの来訪の先ぶれとして、たまさか巷に飾られ、「今夜此処での一と殷盛」の祝祭が終わるや、忘却される神像である。プロレスラーという、海の彼方から攻め寄せる兇相の怪人や大力の巨人、それを迎え討つ、手力男や坂田金時の末裔たる日の丸レスラーたち。
 はたまた、いまだこの島国の男たちが目にしたことのない、異国の謎の美女たちの肢体や、想像を絶する淫蕩な痴戯に虜られて帰れなくなるかもしれないストリップ小屋。ひたすら可憐なリングネームの、女子プロレスや小人プロレスの、妖精さながらのレスラーたち(いま、どうしているんだろう?)。
 そう、これら「すてかん」とは、国道を疾走してくる宝船に乗った七福神たちの絵すがたであり、森田一朗は巷々から、捨てられた神々を連れ去って甦らせる、文化史における゛本格の大盗゛にほかならない。戦果のお宝の中には、佐野市のストリップのポスターのように、本来使い捨てされるはずの「すてかん」が、リサイクルされているという(エコ!?)涙ぐましいものもある。
 諸賢が、この異形の七福神図を愛でられて、よき新年を迎えられんことを。 佐伯修(作家)

◆12月3日(火)~12月28日(土)

◆濱中利信コレクション
「エドワード・ゴーリーの世界」
入場料1,000円(展示パンフレット付)

ヴァニラ画廊は、世界各国でカルトな人気を得ている絵本作家エドワード・ゴーリーの日本初の作品展を開催します。75年の生涯の中で、ゴーリーが生み出し た100冊 を超える作品は、細い線で描き込まれた絵と、押韻・造語・古語等を駆使したテキストが、シュールで不条理、時には残酷な世界観を読者に提供しています。エ ドマンド・ウィルソンやマックス・エルンストなど、多くの文化人もゴーリー作品の愛好家でした。

今回の作品展では、『エドワード・ゴーリーの世界』の編者である濱中利信氏の膨大なコレクションの中から、原画、限定盤 の絵本・版画・ポスターを中心に、ゴーリーが生み出したキャラクターである「うろんな客」の人形・バッジ・ポストカード等のグッズ類 等、合わせて約100点を展示します。

また、濱中氏がセレクトした100冊のゴーリー本の展示、そして今年50周年を迎えた「ギャシュリークラムのちびっ子たち」のミニコーナーもございます。

他の作家には絶対に見られない、ゴーリーの「エレガントな神秘性」をお愉しみ下さい。



書店で、ある本を手にしてパラパラとめくる。
「ふ〜ん」と唸って棚に戻して他の棚に移る。しかし、しばらくすると戻って来て再度同じ本を手に取って読み直す・・・。初めてゴーリーの作品に接した時、 この様な行動をとった方も多いのではないでしょうか。何故、ゴーリーに惹かれたのか? それを明確に表現できないなら、今回、様々なゴーリーの作品と接す る事で、一歩でも答えに近付いて戴けるのではないかと思います。(濱中利信)

濱中利信プロフィール

1961年東京生まれ。慶應大学卒。

1976年、「ミステリマガジン」(早川書房)掲載の「オードリー・ゴアの遺産」で初めてゴーリーの作品を目にする。以降、ゴーリー作品を収集し続けてい る。その対象は、書籍に始まり、原画・版画・ポスターなどの紙モノに限らず、人形・ピンバッヂなどのグッズ類にまで及んでいる。「ミステリマガジン」で は、不定期にゴーリーの翻訳も手掛けている。

【主な著作類】
「エドワード・ゴーリーの世界」(河出書房)
「ウィローデイルのトロッコ」「もうひとつの彫像」「不敬な召喚」(「ミステリマガジン」)