「第二回ヴァニラ画廊大賞展」好評開催中!

3月17日より開催している展覧会、「ヴァニラ画廊大賞展」。ヴァニラ画廊主催の公募に応募し、審査員の目に留まった約40名の作品を発表中です。

審査員は昨年に引き続き、写真家・都築響一氏、美術評論家・宮田徹也氏、そして新たに美術評論家の南嶌宏氏が加わり、より豊かに、鑑賞者を驚愕せしめる未来への才能を厳選いたしました。

溢れんばかりの豊かな想像力と表現力を兼ね備えた作品が集まる中、大賞に輝いたのは波磨茜也香さんの「女学生」です。

20140325130910.jpg

 「女学生」(162×130㎝・キャンバス・油彩・クレヨン)

「塗り残しの画面を放置するかの素振りを見せながら、「女子高生」のメタフォリカルな性器と見立てるかのような、「口」という交 換行為の器官への注視を促すことによって、画面全体に抜き差しならない性的な緊張感を生み出すことに成功している。」(南嶌宏)

「粗暴さがポジティブなエネルギーに転化する、スリリングな瞬間に僕らは立ち会わされている」(都築響一)

「充分な画力を持ち、空虚感が満ち溢れる今日の日本の動向に対して目を向け作品として昇華させる力に、これからもエールを送りたい。」(宮田徹也)

と各審査員を唸らせた彼女に、受賞の喜びを語っていただ」きました。

__________★__________

この度は「第二回ヴァニラ画廊大賞」にて「女学生」を大賞に選んで頂き有り難う御座います。

初めての100号、初めての公募への挑戦、初めての受賞、、、etc、この「女学生」という作品には様々な「初めて」が込められています。

その「初めて」をヴァニラ画廊さんに捧げられるなんて、大変光栄です。

 とんでもないパワーを日常生活にてさらりと放ち、何食わぬ顔でスタスタと各々の目的地へ向かう彼女達の一瞬を描きました。

 今日も元気に登下校する女学生達を遠目に見ながら、波磨も元気に生きていこうと思います。(波磨茜也香)

 __________★__________

「第二回ヴァニラ画廊大賞」展は29日(土)まで。

100号という大きなスケールの第二回ヴァニラ画廊大賞大賞作品「女学生」を始め、各賞受賞作品等の発表を行っています。

月曜日~木曜日は12:00~19:00、金曜日は12:00~20:00、最終日29日土曜日は12:00~17:00までの営業です。

入場無料、フレッシュな感動にぜひお立合いください。

__________★__________

♡第二回ヴァニラ画廊大賞展選評はコチラ

♡第二回ヴァニラ画廊大賞展展覧会特設ページはコチラ