'16/3/7 〜 3/19第四回ヴァニラ大賞展

新画廊 展示室 A / 入場無料

2011年より始まった公募・ヴァニラ大賞も年を追うごとに応募者が増え、本年度も意欲的な作品が多数集まりました。
審査員に南嶌宏氏(美術評論家)、都築響一氏(写真家)、宮田徹也氏(美術評論家)を迎え、白熱の議論の末、珠玉の作品が選出されました。
第四回ヴァニラ大賞展では大賞・個人賞をはじめとする各受賞者、受賞には至らなかったものヴァニラ画廊が今後の展開に期待を寄せる作品の展示を行います。
「ありのままを表現したい」その素直な衝動と貪欲な創造欲に駆られ、全力で生み出された唯一無二の作品の熱気を感じてください。

第四回ヴァニラ大賞:きりさき『箱庭』(162×130cm、キャンバス・アクリル絵具)
南嶌宏賞:少年御殿『「のみこめ、マチオくん。」』(155×109cm、キャンバス・油絵具)
都築響一賞:青木仁之『素人イップス』(90.9×72.7cm、油彩)
宮田徹也賞:sensou『縄綯』
ヴァニラ賞:咲衣みちけ『命のイコン(陽)(陰)』(80.3×100cm、油彩・テンペラ)

奨励賞(6名): 村松美紀『ゆっくり行っていい』(116.7×91cm、カンバスに転写)
群『We all get hurt by Love』 (楕円型28×23cm、CG・SAI・PS)
池谷雅之『赤い月』(180×80×76cm、(木彫・アクリル絵具等)
高誠二『少女の頭部シリーズ』より(51.5×72.8、リキテックス・イラストボード)
籠女サヨメ『胎海』(153×109cm、クレパス・アクリル・スクラッチ等)
渡壁遥『光』(72.7×72.7cm、ボールペン)

→各賞の選評はこちら

第四回ヴァニラ大賞展