'07/10/29 ~ 11/10 埜亞×メリユ×森馨 人形展 「残酷な姫君の宴」

◆11月4日(日)も12:00〜17:00まで開廊致します。
◆11月3日(土) 15:00〜17:00「テルミンと人形姫の宴」/入場料2500円:ドリンク付
 /演奏:トリ音(テルミン)・pacy(ギター)

古の昔から古今東西のお姫様たちには様々な試練が待ち構えております。
意地悪な継母にいじめられ、悪者に浚われ、そしてお城の塔の上に閉じ込められ…そうしてまだ見ぬ王子様を待ち望む健気な姫君達。
高貴で美しい存在ゆえに人々の嫉妬を買い、無残な目に遭いつつも常に勝利する姫君は孤高の少女の象徴でもあり、その眩しい程の処女性に人々はさらに嫉妬し、劣情を催すのです。
運命に翻弄され、それを甘んじて受け止める従順な姫君たち。
さて、ヴァニラ画廊に閉じ込められた人形姫たちにはどんな運命が待ち受けているのでしょうか?

埜亞 Noah /プロフィール

少女及び少女愛研究家。
心の中の妄想の少女をカタチにすべく人形制作開始、四谷シモン氏に師事。
94年Dollhouse Noah設立、作品集「少女草紙」自費出版。
以後、音楽・映像等他ジャンルとコラボしつつ、自分だけの「あのこ」を作り続け現在に至る。

メリユ Melyu /プロフィール

2000年から独習にて制作を始める。「情緒纏綿であるゆえに痛く美しいもの」を愛しています。 人形制作の傍ら、フリーで美少女フィギアの原型業に従事。創作魂の師と仰ぐ人あり。 イベント・グループ展・コラボなど数回参加。

森馨 kaoru Mori /プロフィール

可憐,且つ妖しく官能的な風情だがその実、時に禍々しく時に聖なる存在でもある両面を併せ持つ人形の存在に魅力を感じ、1998年よりBee菅野氏、山上真知子氏に師事。 「心情的ダッチワイフ」とも言うべきエロティックな人形を多く制作している。2006年私家版人形作品集「Parfum de bois」刊行。

→アーティストページへ

残酷な姫君の宴